Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑固爺さんになって一喝したい気分

 先日、餃子の王将に昼ごはんを食べに行ったら、店内が満席で受付のリストに名前を書く事に。受付リストの所には小学校低学年の女の子とそのお母さんと思しき女性の二人連れが居て、女の子が一生懸命受付に名前を書いている所でした。微笑ましいと思って眺めるべきなのでしょうが、あまりにも時間が掛かる…
 後ろにどんどん人が待っている状態なのに、子供さんに書かせてあげる母。それは良いとしても、どうして待っているお客に「お待たせして済みません」ぐらい言えないのでしょう。母がそういう心遣いを回りに示した方が、受付の紙を書かせるより余程勉強になるだろうに。
 ついでながら、その家族は、待合室の椅子に靴のまま上がり隣近所のお客を蹴りまくってましたが、全く親御さんはノータッチで、なるほどそういう教育方針かと納得した次第です。

CIMG9191.jpg
スポンサーサイト

濃霧

 昨日の朝の関門北九州地方は濃霧で大変でした。関門海峡の映像をニュースで見ましたがすれ違う船が互いに見えないという状態で、結婚式のドライアイス演出が町全体に施されている感じでした。
 放射冷却現象のせいで時々濃霧が発生するのですが、昨日は「PM2.5?」と思った人もきっと居た筈…って、あれは目に見えないんでしたっけ?

CIMG9194.jpg

図書館

 昨年隣の区が再開発で、綺麗なホールだの図書館だのを作ったのですが、外から見る限り大変おしゃれな建物です。しばらく混むだろうと思って敬遠していたのですが、開業(?)から半年経ったのでもう落ち着いただろうと思い、先週出掛けてみました。
 1時間無料の駐車場は図書館では少し足りない気がしますが、図書館以外の利用者が停めて一杯になってしまうよりマシでしょうか。
 北欧をイメージしたカフェ併設という事で楽しみにしていたのですが、こちらは営業時間が合わず外から眺めるのみでした。サイトではお弁当の持ち込みも可能とあったのですけど、普通の喫茶店風で、自前のお弁当を持って入るのは勇気が要るかも。
 そんなことはさて置き、図書館の方は、時代が変わったというべきか、自動貸出システム搭載で、無人レジみたいな機械が置いてあって、その台の上に借りたい本を載せると、瞬時にタイトルを読み取って貸出し手続きが完了です。そしてレシートのような貸出票が出て、本のタイトルと返却日が記載されていました。たぶん、返す時も同じように台へ載せて一瞬で手続きできるのでしょう。いやはや隔世の感があります。
 本を買う時にはスペースも考えて文庫を買ってしまうのですが、図書館で借りる時はハードカバーを借りてもすぐ返せるし、お構いなしに選べて結構良いですね。犯人が分かったら再読しないタイプのミステリとかは図書館で借りた方が良いのかも。本は、どれでも手元に置きたいタイプなのですが、本の重みで家が潰れそうなので、これからは図書館にシフトしようかなと思う今日この頃です。

CIMG9196.jpg

新・浅見光彦シリーズキャスティング

 誰しも一度はやった事があると思うのですが、小説とか漫画とかを読んで、この役は誰それとキャスティングしてみるというのにハマってます。
 最近は、次期「浅見光彦ファミリー」のキャスティングを考えているのですが、中村俊介、榎木孝明兄弟の後任は、光彦を佐藤健くん(10年後)、兄中村俊介(持ち上がり)とかどうでしょうね。この場合、お母様は沢口靖子辺りを考えているのですが若過ぎでしょうか。30年若い八千草薫とかが良いのですが、適当な女優さんを思いつかず。
 もこみちの光彦をこの前みたのですが、ハンサム度は良いと思うのですけど、イマイチ探偵ぽく見えなくて…。もこみちは、地方の警察署の刑事さん辺りでキャスティングしたいところです。挙動不審で拘束された光彦の身元を調べて、刑事部長の弟と知り、タイミング良く掛かってきた光彦兄からの電話に先輩刑事が暴言を吐いている所に駆けつけて「刑事部長の弟君ですよ」と耳打ちする役が似合いそう(長いよ)。

CIMG9204.jpg

これは恥ずかしい

 姉がうちに来た帰り、近所の店に寄って半額になったお惣菜などを買い、レシートを確認したらお蕎麦が半額で計算されていない事に気付いてレジに戻ってわざわざ半額に打ち直して貰ったものの、お蕎麦を忘れて帰ったというので翌日取りに行ってみたら、賞味期限が切れたのでしょう、蕎麦代24円返金と相成りました。
 なんかこう、色々恥ずかしかったです。

CIMG9190.jpg

今期のおススメ番組

 毎週楽しみに見ているドラマ「リゾーリ&アイルズ」女性刑事と女性検視官のバディ物なのですが、美人だし、1話完結だし、謎はお粗末(褒めてます)だしで、とっても楽しめます。朴路美さんと井上喜久子お姉さんがあてているので吹き替えがおススメです。
 今期は他に「進撃の巨人」と「宇宙戦艦ヤマト2199」なんかを見ています。どちらも人類が滅亡しそうなお話しですが、「進撃の巨人」は、大好きな小林靖子ちゃんの脚本ですから、きっと面白くなると思います!

CIMG9205.jpg

西郷さん…

 先週、所用で沖縄へ行っていた父が、土産(?)に15センチぐらいの西郷さんの銅像を買ってきました。土産はいらんと言っといたのに、この仕打ちですよ。
 だいたい、西郷さんなら鹿児島じゃろうが!何故沖縄から買ってくる!
 母は、バスかなんかに乗った時、座席にそっと置いたまま降りたら良いんじゃないかとか言ってましたが(捨て子?)、時節柄、爆弾かと思われて大変ですよ(それ以前にそんな事しちゃいかんけど)

CIMG9191.jpg

手りゅう弾を発見したら

 小倉駅(市内の駅)の植え込みで、通行人が手りゅう弾を発見して警察に届けたというニュースを聞いて、北九州市民の感想は、多分9割がた「10万円」であったろうと想像する今日この頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょう。
 関東地方にお住いの方には、北九州では常に銃撃戦があったりロケットランチャーが倉庫で見つかったりするようなお土地柄だと思われているかも知れませんが、銃撃戦もたまにしかやりませんし、滅多に市民が巻き込まれる事もない結構安全な地域ですので安心してお出かけ下さい。
 ちなみに手りゅう弾を発見しただけでは10万円は貰えません。元の持ち主が逮捕されると報奨金で頂けるようですので、自分の手りゅう弾を届け出ても駄目ですよ。ピンを抜くと爆発しますので、発見時にはなるべく触らずに、警察へご連絡下さい。お馴染みのパイナップル型以外の品も出回っているようですのでご注意を。
 余談ですが、ロケットランチャーが見つかった倉庫は、職場から至近距離でした。

 一条刑事のお誕生日なので、彼が好きそうな話題でお送りしてみました。一条さんおめでとう!

CIMG9203.jpg

間違いメール

 昨日、職場の同僚女子がお休み中に連絡する事が有り、携帯にメールしたのですが、うっかり同姓の友人Kちゃんに送り間違えてしまいました。幸いKちゃんが「間違いでは?」と返信をくれたので発覚したのですが、うっかりミス気を付けないといけません。
 相手から来たメールで返信なら滅多に間違えないのですが(当たり前か)、上司の悪口を本人宛にも送っちゃうなんていう間違いメールは結構あるそうですし、気を引き締めなければ。間違いメールって「よりによって」という人宛てに送ってしまう悲劇が往々にして起こるらしいですよ(笑)

 Kちゃんは、使っていたブログのサービスが3月で終了してしまっていて最近の消息がさっぱり分からなかったのですが、間違いメールからのやり取りのお蔭で消息を聞く事が出来ました。怪我の功名です。ここ最近は仕事が忙しいだろうと思って遠慮していたのですが、実際は公私とも色々あってもっと大変だったとか。結局ブログは中断してしまっているようですが、落ち着いたら再開して欲しいなあと思います。お友達の日記を見るのって楽しいですもの。「ドラマのなんとかにハマってる」とか「くまモンのサイン会に行った」とか頬を緩めながら読んでいます。なので、友人の皆さん、1か月に1回でも良いから是非、ブログ更新して下さいね~

CIMG9201.jpg

山登りで筋肉痛

 毎年、この時期に職場の山登りに参加しています。子供の頃は遠足の山登りって楽しみで仕方が無かったけど、職場の山登りが楽しくないのは、やはり、休みの日にわざわざ集まって登るからなのでしょうか。おやつだって300円なんてしみったれた制限なしで幾ら持って行っても良いのに、嬉しくないし。
 そして、年々、登るのが辛くなっていくのを実感して一年って結構大きいなと思ったり。しかし、2000人規模で山登りするって凄くないですか?それにしても、山頂での福引で200人に何かが当たったのに(つまり1/10の確率ですよ)、しっかり外れるクジ運の無さにガッカリです。

CIMG9202.jpg

カルメ焼き

 昔縁日でよく見かけていた「カルメ焼き」。子供の頃、古いお玉にザラメを入れて火にかけ、菜箸で重曹をちょいと足して作った覚えがあります。
 先日100均に寄ったら、お菓子コーナーに「思い出の味、かるめ糖」という品が有って、思わず買ってきてしまいました。しかし思い出の味そのもの…とはいかず、妙に歯ごたえのあるカルメ焼きという感じでした。

 そういえば昨日、「ST 警視庁科学特捜班」が放送されていました。今野敏の原作本を随分前に読んだのですが、戦隊もののように、5人チームのリーダーが赤、武闘派の黒とか、癒し系の黄とか居て、特殊能力でもって事件を解決するのですが、「筆舌に尽くしがたい美形」だったりするのでキャスティングに困ったのか、色々変わってて残念でした。赤は、一匹狼なのに異様に周りから慕われる人たらしな監察医だったのに、TV版では引きこもり刑事になっててびっくり。絶対「内野聖陽」的キャスティングだと思ったのに!黒がケータイ捜査官で萌えキャラになってるし!
 世間の評判が知りたい所です(という程視聴率出なかったのかしら…)

CIMG9193.jpg

Nスタ!

 「宇宙戦艦ヤマト2199」の地上波放送が始まりました。約40年ぶりのリメイクです。初代の放送は1974年で、その頃はノストラダムスの大予言(1999年の7の月に恐怖の大王が…ってヤツ)も知られていて、21世紀は一体どうなるんだろうなんて思っていた時代でした。
 さて、そんな懐かしのヤマトですが、映画館で見た友人が「良い出来だったよ!」と教えてくれたので、楽しみに放映を待っていたのですが、録画を再生しようと思ってレコーダーを見たら、設定を間違えて「Nスタ」が録れていました。せっかく放送時間前に「見忘れんなよ!」というメールをくれた友人に、申し訳ない気持ちで一杯です。
 ミス録、意外に大ダメージですよ!

 うちのレコーダーは、雨が降ったら撮れなかったり(アンテナの具合で雨だと受信状態が途切れるので録画しないのです)、NHKの番組など時間一杯ある番組だと最後の15秒が録れてない(代わりに番組冒頭の10秒程が多く撮れている)という不具合があるのですが、予約録画のモードにしていると、文字が小さいんですよ!今回は、設定の時に時間が隣り合わせになっていたNスタを間違えてセットしてしまったものと思われます。
 今後、年寄りユーザーが増えて、更に技術者も65才定年が増えて行けば、年寄り向けの字の大きな電化製品がどしどし生まれる事を期待しております…

CIMG9197.jpg

誰かに言いたくなる

 職場で、何故か膝のあたりがもぞもぞする…と何気なく覗きこんだら、ストッキングの中に、何かのタグを巻き込んでいました。朝着替えてから随分経つのに、それまで全く気付かなかったとは。
 それにしても、あまり遭遇しない事態(オオゲサ)なだけに、誰かと驚き(?)を共有したくなり、隣の席の同僚に話した所、彼女の某先輩も、1円玉を気付かず一緒に履いていた事があるそうな。
 こういう話って、聞かされる方は迷惑かも知れませんが、誰かに言いたくなるものらしいです。

CIMG9195.jpg

ブラインドタッチ

 ふと思ったのですが、今の人たちって生まれた時から当たり前にパソコンを扱ってますから、自然とブラインドタッチが出来るようになっているのでしょうか?
 自分の年代では、個人用のワープロすら無かったので、タイピングは仕事上必要になり「10日間でタイプが打てる本」とかで練習したものですが。

CIMG9186.jpg

あたたっ子純情

 ふと、安永航一郎の「北斗の拳」パロディ漫画の「あたたっ子純情」を思い出したのですが、単行本に収録…はされてないのかしら。

「きさ~ん! シン! ユリアば返せ!」
「ほんなこつ、ケンはユリアを何と好いちょうけん(南斗水鳥拳)のう・・・」

 みたいな、博多弁がわかると物凄く楽しめる内容だったと思うのですが。

CIMG9187.jpg

目覚ましのスヌーズ機能いらん

 目覚まし時計の電池が切れて、陸自の方に頂いた電波時計を取りあえず目覚ましで使っているのですが、アラームの設定をいちいち解除しないとスヌーズ機能が生きていて5分後に鳴ってしまいます。
 そんな訳で、毎朝アラームを解除して、寝る時に再度セットしていたら、先日セットするのを忘れてしまいました。母親から「まだ行って無かったの?」と起こされて時計を見たら、いつもならもう職場に居る時間…
 いつもは始業時間の1時間前には着くようにしているため、何とか間に合いましたが、この年になって親に起こされるとはね…

CIMG9194.jpg

春なのにコタツ

 先週の日曜に、コタツの足が折れてしまい、急遽買い直しました。季節外れですが、夏にもテーブルとして使っているので、足が無い状態では困るのです。
 近所のリサイクル店に行って、適当に選んだ品を買って帰ったのですが、折れたコタツは回収して貰えませんでした。購入より廃棄にお金が掛かるのが辛い所です。因みにコタツの引取り手数料は300円だそうです。

CIMG9188.jpg

黒い朱肉

 同僚(20代男性)が、『黒い朱肉 無いですか?』と黒スタンプ台を探しているのを見て、良い感じに気分がほぐれました。
 そんな25年度の始まりです。

CIMG9189.jpg

Appendix

Profile

あまん

☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

Extra

プロフィール

あまん

Author:あまん
☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。