Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話番号でメール

 他社携帯同士でも、携帯番号宛てのショートメールが可能になってたのをつい昨日知りました。ちょっとした用事ならショートメールで足りるし、これは便利ですねぇ。もっと宣伝すれば良いのに!

 ところで、決算期に入って仕事の方が忙しくなっております。更新が無くても元気でいる(筈)ですので、皆様も元気に年度末をお過ごし下さい!

120304_165621.jpg
スポンサーサイト

イタチが走る町

 近所の住宅街の抜け道を通っていたら、目の前をイタチが駆け抜けて行きました。最近見ないなと思っていましたが、元気そうで何よりです。
 そういえば、猿が山から降りて来て八百屋の店先からバナナ盗んでいったよ、とかいう話しを最近聞いたので、思っていた以上のここら辺は田舎の模様です。「市政だより」に猪注意とか書かれるぐらいですからね(笑)

120229_200801.jpg

神戸の高級老人施設

 先日、TVで紹介されていた神戸の老人ホーム(もっとこじゃれた名前だったけど)は、入居に1人6千万円で、その他に月々の管理費と食費で10万円~かかるそうです。しかも、本人が亡くなった後は、遺族に権利が引き継がれるという訳でもなく、改装して次の人が入居するのだとか。
 夫婦して2LDK神戸牛の夕飯を食べたり、高層階のラウンジで神戸港の夜景を見つつ一杯やったりと大変リッチでしたが、宝くじにでも当たらない限り庶民には高嶺の花ですね(余談ながら、今「たかねのはな」と打鍵したら、「高値の花」と出ていとおかし)。

CIMG8842.jpg

何故、無灯火の自転車は無くならないのか

 無灯火の自転車が無くならない理由の一つは、自転車に乗っている子供たちが、「何故無灯火自転車が危ないのか」を理解していないからだという説があります。
 安全教室などで「無灯火の自転車は危ないからやめましょう」とは習うのに、何故危ないかを学んでいないそうです。子供たちは、自分なりに考えて「暗いと溝にはまったり、道を間違えたりするので危ない」などと理解してしまい、「慣れた道だから」とか「自分は見えているから」とか勝手に判断してライトを消してしまうのだとか。
 大人になって、車を運転するようになって初めて、自転車のライトは道を照らして障害物を避けるためではなく、自分を対向車や通行人に認識して貰う為だという事が分かるのだそう。

 そういえば、子供に「○○に怒られるから止めなさい」とか言っちゃう場合があるかと思いますが、これも何故ダメなのか叱られた方はさっぱり分かりませんよね。余り子供を叱る機会は無いですが、いざと言う時の為に、心に刻んでおこうと思います。叱る時は、山本五十六式で、是非。

120221_192800.jpg

中間管理職…

happyimage1.jpg
中間管理職である課長が、机の上に飾っているビスコの箱裏。
最近ストレスが溜まっている様子なので、私の愛読書「上司・リーダーのためのメンタルヘルス」を参考に、優しくしてあげようと思います。ちなみに、この本は、上司が部下を管理する為のものなので、本来の使い方とは違っているのかもしれませんが。

シャーロック・ホームズ

 2009年公開の映画「シャーロック・ホームズ」ですが、テレビ朝日「日曜洋画劇場」2012年3月18日で放送予定だそうです。ワトソンがカッコいいので是非!

日の出が早くなりました

 用事があって一日休んだ後、いつものように出勤したら、たった一日間が空いただけなのに、家を出る時から外が明るくなっていました。日、一日と日の出が早くなっているんですね。
 
 江戸時代は、日の出から日の入りまでを明け六つと暮れ六つにして時間を決めていたらしいですが、今それをやると、冬は働かなくて良いけど、夏は辛い事になりますね(笑)tubeみたいな生活が出来そう(って、tubeは冬も活動しているのでしょうか?)。

120226_201351.jpg

避難訓練について考える

 忘れてはならないけれど、思い出すのが辛い日が過ぎていきました。関連番組を見ていて初めて知ったのですが、「釜石の奇跡」と同じ市内で、真逆の事が起こっていたのをご存知でしょうか。
 釜石市内の鵜住居(うのすまい)地区という所では、避難場所ではない「防災センター」という所に避難する避難訓練を行なっていたせいで、実際に津波が起こった時に、そこが避難所であると錯覚した住民が詰めかけて多数亡くなっているそうです。本来の避難所に近い場所に居たのに、わざわざそこへ移動した方も居たそうで、避難訓練を企画した方は、きっと悔やんでも悔やみきれないでしょう。避難訓練の参加率を上げる為、足腰の弱い高齢者の為、集まり易い防災センターを訓練の避難場所にしたという事らしいのですが、むしろ、そういう弱者の方がどう逃げるかを検証する為にも、実際の避難場所で実践した方が良かった筈です。

 いざという時は、結構訓練した通りに身体が動くものなので、本当に訓練って大事です。若い頃、家が火事に遭った事があるのですが、その時も常日頃父親が「火事になったら、この引き出しを持って逃げる」と言っていたせいで、躊躇なくそれを持って逃げる事が出来ました。後から考えると、引き出しじゃなくて、その小ダンス(小さい)を全部持ち出せば良かったんですが、父親の言っていた言葉がしみ込んでいたせいか、その通りに行動してしまったという…。
 という訳で、実体験によるとそういうのはかなり有効ですので、ご家族の皆さんで「避難するなら○○」とか「非常時持ち出しは△△」とか事あるごとに言い合っているとよろしいかと思います。

120221_192745.jpg

御主人に切れたトイレットペーパーを必ず交換させる魔法の言葉

 トイレットペーパーが切れていて、「替えとけよ!」と思いイラっとするというのは、誰もが一度は経験しているのでは無いかと思うのですが、奥様方の間では、御主人が必ず切れたトイレットペーパーを替えるようになる魔法の言葉が伝わっているそうです。

 『哀川翔は、トイレットペーパーを補充しないヤツだけは信用しない事にしているって言ってるらしいよ』

 真偽のほどは不明ですが、提案者のお宅では、決して取替をしようとしなかった御主人が、これを言った途端、粛々と取り換えるようになったそうです。
 哀川アニキの威光が及ぶ年代しか通用しなさそうですけど、切れたトレペをほったらかすご家族をお持ちの方は、是非試して結果を教えて下さい。

 余談ながら、哀川のアニキがインタビューで「これをされたら嫌だという事はありますか」という問いに、「目突きだけは、許せませんね」と目潰しのゼスチャー付きで答えていたのを見て、この人スゲェなあと感動した事が忘れられません。インタビューアーは多分、「割り込み」とか「遅刻」とかそういう回答を期待していたと思われます。

120221_192200.jpg

スナフキンの家庭の事情

 今頃知った衝撃の事実!

 スナフキンがミーと異父兄弟で、しかもスナフキンが弟なんですって!ミムラ夫人すげぇ!

120226_223953.jpg

コロンビア白熱授業「シーナ・アイエンガー教授の講義」

 日曜に、たまたまTVを付けっぱなしにしていて見た「コロンビア発熱授業」が面白かったのでご紹介。
 全5回の講義で、私が見た2/26(日)は4回目だったんですが、途中からでも充分楽しめます。

NHKのサイトより転載
『動物園の動物は、たっぷりエサを与えられているのに、野生の動物に比べてなぜ寿命が短いのか?
 スティーブ・ジョブズは、人生においてどんな選択をすることで世界を変えたのか?
 24種類のジャムを売り場に並べた時と6種類のジャムを並べた場合を比較すると、前者の売り上げは10分の1しかなかった。なぜそんなことが起こるのか?
 アイエンガー教授は、学生たちに「あなたならどちらを選ぶ?なぜ?」と投げかけながら、自分で選択することの難しさと意味を問いかけていきます。その講義は、これから人生を切り開いていく若者たちにとって大きな指針を示すとともに、ビジネスの場における実践力をも養っています。
 圧倒的に不利な環境の中でも、自分の選択によって人生を切り開いてきたアイエンガー教授のメッセージ「選択は力なり」は、何ごとも自分で決めたがらない私たち日本人を目覚めさせてくれるはずです。』

 自身の行動に置き換えてみると、なるほどと唸らされる事しきりでした。3/4(日)が最終回なので、騙されたと思って是非どうぞ!3/4(日)の午後6時からNHK教育テレビ放送です。

120221_192151.jpg

あーたろうか、あたろうよ

 冷蔵庫の中から、賞味期限が昨年12月で切れているヨーグルトが出て来ました。迷いつつ食べましたが、大丈夫のようです。

 こんな時、たき火の歌が頭を過るのは私だけでしょうか。

 ♪あたろうか、あたろうよ

 の部分がリフレイン致しますが、当らなくて良かった…

120226_224049.jpg

Appendix

Profile

あまん

☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

Extra

プロフィール

あまん

Author:あまん
☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。