Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動出水の蛇口が必要な理由

 職場は雑居ビルの中にあるので、洗面所や給湯室は各社が共用しているのですが、先日洗面所で隣り合わせた女性社員さん(どこの会社か不明)は、歯磨きをしている間中、じゃんじゃん水を出しっぱなしでした!
 他社の従業員の方ですし、注意できなかったんですが、酔っ払いのおっさんでもないのに、水出しっぱなしって!
 それにしても、こういう時に、上手に注意出来るようになりたいです。

110426 (1)
スポンサーサイト

ギンギラ

 先週末、福岡市の天神に出かけて、ギンギラ太陽'sのお芝居を見て来ました。いつもは九州(というか福岡)ネタに特化されているのですが、今回は流通戦争がテーマで、札幌の流通戦争も取り上げていました。
 私は成田から北には足を踏み入れた事が無いので(成田も空港に寄ったのみ)、北海道は遠い世界ですが、デパートのあれこれの話は福岡のそれと似て、大変共感できました。今札幌に行ったら「これ知ってるー」とデパートとか通りとか見て、親近感が増すと思います。
 今回はパルコちゃんのお披露目でしたが、次回公演では、いよいよ博多シティがキャラとして登場らしいです。

天神でギンギラ太陽'sとコラボレーションしたまち歩きを開催
110426 (5)
というわけで、三越のライオンの前あたりで、お馴染みギンギラキャラの立て看板がお出迎え~(天神地区で10数か所のポイントにギンギラキャラのフィギアが置いてあり、それにちなんだクイズに全問正解すると抽選でプレゼントが貰えるのでした。2、3問見ましたが、意外に難しかったです。例えば「三越のライオンの口は①開いてる②閉じてる③舌を出している」ライオンを見に行ったのですが、開いているのは開いているんですが、舌が出ているような気もして正解が気になります)

ギンギラ恒例の開演前の写真撮影タイムにて。アナログちゃん。
110426 (6)

子供のやった事だから

 先日、市内の公園でフリマが有ってて、のぞいてみていたのですが、3、4歳の子供連れのお母さん(だろう多分)に色々と考えさせられました。
 そのお母さんはフリマを楽しんでいる様子ですが、子供さんは飽きたのか、売り物の湯呑を持ち上げて、他の陶器皿などの並ぶところへ叩きつけたのです。当然割れる陶器の山…
 結局、売値の半額を払っていたようですが、その子はちょっと先のお店でも同じことをやってました。

 ところで、「子供のやった事だから」というのは、迷惑をこうむった側が言うセリフであって、やらかした側が言って良いもんじゃなかろうと思いません?

110325.jpg

 お友達…というか客観的には知人レベルなんですが、私にとってはとても大事な人なので関係を言い表す適当な言葉がないのですが、無理やり表現すると、私がファンで相手がアイドルというのが一番近いかも知れない関係の方(長い前振りだ)。面倒なので、激しく色々端折ってお友達と書かせて頂きます。
 そのお友達は宮城県に住んでいるので、今回の震災に際しては本当に気をもみました。メールや電話は本当にそれを必要としている人の迷惑になると思い、グーグルの安否確認やら携帯や電話の災害伝言版やらで何か分からないかとネットに繋ぐたび、そればっかり探していましたが、何日かしてツイッターとやらで誰かが呟いていたのを見て、にゃんこちゃんもご本人もご無事だと知ったのでした。
 それでも、それが本当に彼女と彼女のにゃんこちゃんの話だったのか確かめる術は無く、彼女の住いの地区がどのような状態なのか調べたりしてずっと心配していたのですが、先日ようやくweb日記を書かれているのを拝見して、ホッとするやら、想像以上の状況に胸を傷めるやらの毎日です。
 
 一体何が出来るんだろう。何が出来るんだろうなー

110326.jpg

やきそば義捐金

 日曜日、ちょっと遠くのショッピングモールで桜祭りがあるというので出かけてみました。お天気も良くて20度ぐらいまで気温も上がり、桜の花も満開です。
 サンドイッチだのおでんだの焼きとりだのの出店があって、その中に冷たい牛乳を売っているお店では、焼きそばを買うと牛乳1本(小さいですが)をサービスしてました。焼きそばに牛乳が合うのかどうかは別にして、気温も上がり、瓶入りの冷たい牛乳は美味しそうです。買おうかな、どうしようかなと思っていたら、売り子のおじさんのダメ押しの一言。
「売り上げの300円中100円は義捐金にしています」
 300円の焼きそばに100円の牛乳をおまけに付けて、その上100円を義捐金にしていたら、儲けなんて出ませんよね。焼きそばも牛乳も美味しかったです。
 自粛ムードが漂っていますが、健全な消費活動(なんやそれ)で経済を後押し出来たら良いなと思います。

110327.jpg

被災地から猫砂を送って貰う

 にゃんこたちの必需品、猫砂が残り少なくなったので、前回買って具合が良かったお店に再び注文しました。発送しました、のメールで何気なく宅配便の配達システムで配達状況を確認しましたら、仙台店発送の文字が。
 楽天で買ったので、どこのお店という意識が薄かったのですが、よもや宮城県から送って貰おうとは…。申し訳ない気持ちで一杯になりましたが、商売をされている以上、購入した方が助けになるんですよね。たぶん…なってると良いなぁ。

110328.jpg

市議の「遺言」、非常通路が児童救う

 どこかの市議が、小学校の避難経路を短縮する非常通路を強く要望し、昨年12月に完成、ご本人は震災直前に亡くなっていたという話を耳にしていたのですが、検索してみたら記事を見つけました。
 普通は揺れが収まってから避難するところを、揺れが長すぎると揺れている最中に避難を始めた現場の判断も素晴らしいですが、やはりこのショートカットの避難路のお蔭で命をつないだ様子。何せこの避難路自体津波で破壊されています。
 昔から津波に苦しめられていた三陸地方では、「津波てんでんこ」(「てんでんこ」はてんでにという意味)という教えが生きていて、元々は家族で避難する時でも手をつないで逃げない、つないでいたら全員死んでしまうが、バラバラなら誰か生き残る。誰かを助けて巻き添えで死ぬ事を防ぐというようなシビアな教えだったらしいですが、最近は、自己責任で逃げろという風なソフトな解釈が主流との事。岩手県釜石市の小中学校では、各自の判断で「てんでんこ」に避難して無事だったのに、石巻市立大川小学校では全員校庭に避難していたところを津波に飲みこまれたそうです。
 人間、集団になると「周りがどうしているか」を見て行動する性質があって、そのせいで逃げ遅れたりするらしいですよ。そういえば以前、韓国だったかの地下鉄火災で、明らかに煙が立ち込めて異常事態になっているのに、他の乗客が逃げないからと誰も席を立たず、逃げ遅れてしまった…というニュースを見た覚えが。
 一緒に、も大事ですが、最終的には自分の身は自分で守るしかないんですね。この場合、年を取れば取るほど経験値が上がって逃げるべきか、とどまるべきかの判断が早い気がします。年長者を大事にしましょう。

110323.jpg

自家発電ボランティア?

 自転車を漕いで発電してライトアップするというイベントの様子を、ちらっとテレビで見たのですが、人力で発電出来るのなら、こういう発電用の自転車を大量に準備して、有志に漕いでもらって発電する…なんていうボランティアがあれば、是非参加したいんですが、発電量とかコストとか色々折り合わないんでしょうねー
 発電出来る上に、カロリーも消費出来て一石二鳥だと思うのですが…

110324.jpg

エイプリルフール

 九州でもミネラルウォーターのペットボトルが店頭から消えている…という報道に、「うちの近所はそんなこともあるまい」と高をくくって見に行ったら、本当に棚が空になっていてびっくりしました。それと地元の鉄板土産「堅パン」が棚から消えてました。親戚や友達に送ったのでしょうか。

 ところで今日はエイプリルフール。いつも新年度の始まりの日で、仕事も忙しい日ですからそれどころじゃないのですが、あちこちのホームページでエイプリルフール用の企画を見たりするのがほのぼのして大好きです。今年は、何をやっても不謹慎とか言われてしまったりするんでしょうけど、心が温かくなるようなネタなら良いんじゃないでしょうか。

110322.jpg

Appendix

Profile

あまん

☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

Extra

プロフィール

あまん

Author:あまん
☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。