Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊るように寝る姉

100227.jpg
スポンサーサイト

一見苦しそうな寝姿のにゃんこ

100226.jpg

猫の寝顔は笑っているよう

100225.jpg

落ちる寸前

100224.jpg

腹毛もふもふ

100223.jpg

飯塚に行きました

 「麻生大浦荘」の公開に合わせて、飯塚に出掛けて来ました。普段は見ることの出来ない邸宅やお庭を堪能出来ました。また、石炭王で名高い伊藤伝右衛門邸にも足を運びました。飯塚はひな祭りの真っ最中で、あちこちにおひなさまが飾ってあるのですが、一口にお雛様と言っても千差万別で楽しかったです。
 ひな壇を設える事が出来ない庶民向けには、掛け軸になったお雛様が有ったりして、今の住宅事情を思えば、もっと流行っても良いと思ったり。
 ついでに「ひよこ」でおなじみの千鳥屋に行ったら、そちらも本店内を公開中で、
100221 chidori1
 ふすまの取っ手も千鳥なら、
100221_chidori2.jpg
 トイレのペーパーホルダーの柄まで千鳥で、笑ってしまいました。

 市内を散策していたら、折尾のかしわめしで有名な東筑軒が、ドライブスルーでお弁当を売っていて、余りの驚きに写真を撮ってしまいました。
100221touhikuken.jpg



 ところで、今日は22年2月22日と2が激しく並ぶにゃんこの日。猫好きとして、何か記念になるように貯金とか郵便とか(どっちも郵便局か)しておくべきでしょうか。

100222.jpg
爆睡姉

落ちるぞー

100221.jpg

今野敏

 ブックオフで100円コーナーに有ったので、前から気になっていた今野敏の本を買いました。「隠蔽捜査」です。今まで「いまのさとし」と思ってた…
 それはさて置き、今野敏、大変面白かったです。表現が平易で読みやすいからか、あっという間に読める感じ。沢山本が出ているようなので、これからの楽しみが増えました。
 ところで、「隠蔽捜査」に書かれていて初めて知ったのですが、更迭って別に懲罰的な意味合いは無くて、普通に人事異動なんですか?「こうてつ」という言葉の響きからか、てっきり罷免とかと同じ匂いを感じていたので驚きました。ありがとう、今野敏!

100220.jpg
ジャックナイフな寝姿

口紅のいらないリップ

 最近買ったもので便利だなと思ったのが、この「口紅のいらないリップクリーム」というヤツです。冬はどうしても唇も乾燥しがちですが、これ一本あれば、化粧直しで洗面所に駆け込まないでも、手軽に使えます。近所のスーパーで買ったら300円弱でした。便利ぃ。

 それはそうと、今朝の北九州は吹雪でした。そろそろ桜の便りも聞こえてくる季節だというのに…。

100219.jpg
寝る子は育つ

靖子ならやってくれる!

 日曜朝の特撮戦隊物で、最近終了した「侍戦隊シンケンジャー」。殿様が赤で、家臣が青、緑、ピンク、黄という設定だったんですが、メイン脚本が小林靖子さんという私が最も愛する脚本家で、最初から最後まで楽しく見ていました。
 週一回の30分番組なんですが、一年という長丁場。最初は台詞回しもたどたどしかった新人くんも一年が終わる頃には皆、上手になっていきます。侍というだけあって、殺陣までやっていたので、役者として随分勉強になる一年だったのでは。
 それはさておき、このシンケンジャー。赤がお殿様で家臣を引き連れて戦っていたのに、大詰めで殿が影武者だったと判明、本物のお姫様が登場してしまいました。ええー?この一年、赤の殿様に憧れていた子供たちは一体どうしたらいいの?と思ったものの、「靖子ならきっと何とかしてくれる」と、信じておりました。この安心感は、スラムダンクの仙道さん並の信頼感です(分かり難いたとえ)。
 果たして、靖子はウルトラC級の解決策を講じてくれました。姫が影武者の殿を養子に迎え、赤は影武者を卒業し正式な当主となったのですよ。
 靖子はやっぱりすげえや。靖子が大河の脚本とか書いてくれたら、きっと一年楽しいだろうに…。

100218.jpg
ぬくい~

海外派遣の謎

 先日、社員の方から「年金で問い合わせしたら、会社からの登録で海外派遣になってると言われた」と連絡があり、慌てて調べたら、入社手続きの際の書類で、住所記入欄での郵便番号が記入漏れになっていて、社会保険庁の入力で「999-9999」と入力したらしく、その番号は「国内に該当地域なし」=「海外」と認識されていた模様。
 そりゃ、記入漏れしたこっちが悪いんですけど、それで海外って、そんな乱暴な。5年ほど前の事ですので、年金問題が表面化する前だったのでしょうか。いい加減な仕事ぶりが伺えます。

100217.jpg
ファンヒーターの前

ホットカーペットの上で香箱

100216.jpg

ホットカーペット温い~

100215.jpg

歯磨き粉の要らない歯ブラシ

 歯磨き粉の要らない歯ブラシというのが有るらしいです。NHKの朝のニュースで紹介されていたのですが、商品名が分からずわざわざNHKのサイトにまで行って調べてきました。
 1本1000円(税別)と、歯ブラシにしては高価ですが、ちょっと魅力的です。「贈り物にも最適」とか書かれてましたが、これをプレゼントするのは、多少勇気が要りそうです。(こんな高価な歯ブラシって思われないだろうし)

100214.jpg
「扇風機片付けろ」の顔

「インビクタス」見ました(ネタバレ)

 「インビクタス」を見てきました。面白かった!ラグビーチームの主将が、マンデラ大統領が27年間拘束されていた刑務所を見学して、刑務所のそこかしこでマンデラ大統領の幻影を見る…というシーンとか、ラグビーワールドカップの決勝戦で、試合経過を報じるカーラジオが聞きたくて近付いては白人に怒鳴り散らされていた黒人少年が、試合終了時には買って貰ったコーラのカップを片手に、胴上げされて、白人黒人入り乱れて大喜びしていたシーンとか、ラストの勝利に沸く民衆のせいで、大渋滞を起こした道を走る車内で、マンデラ大統領が「ゆっくり行こう、急いでないから」というシーンなんかが一番好きです。
 あ、それと、試合会場を下見するテロリストか、と思ったら飛行機の胴体(というかお腹の部分)に、応援メッセージを書いて、会場上空を低空飛行で飛び去った飛行機のパイロットだった!という凄いオチも好きです。このパイロットが始末書で済んだのかどうか、大変処分が気になるところですが、この応援のお陰か、決勝に勝利できたので、どんな処分が下っても、本人的には本望かもしれません。
 それ程、南アの歴史に詳しくなくても充分楽しめると思います。何見ようかなーとか思ってる人は是非これを!モーガンフリーマンは、やっぱりイイ!

100213.jpg
びっくり眼

万引き犯の気持ち

 先日、ファッションセンターしまむらで、季節はずれで半額になっていたブーツを購入したら、店員さんがタグを取り忘れたせいで、出口のところでセキュリティガードに引っ掛かり、盛大にサイレンを鳴らしてしまいました。照れる~
 これ、万引きの人とか、鳴らしながら逃げるって事でしょうか。ちょっと万引き犯の気持ち(?)を体験いたしました。

100212.jpg
膝上合計8キロ強

安物買いの銭失い

 目覚まし時計が壊れてから、携帯(前に使っていたヤツ)の目覚し機能を活用していたのですが、それも何だなーと思い、100均で目覚ましを買ってみました。一応ライトも付いているので、夜中に時間を確かめる事も出来ます。しかし、購入時に電池が入っていなかったせいで、音を確認できなかったのが敗因でした。
 カチコチ鳴る音が、物凄くうるさいんですよ。静まり返った部屋で、カチコチカチコチ鳴る時計の音だけが響く…眠れません。昼間は気にならないんですけどね。
 そんな訳で、結局電波時計880円を購入してしまいました。温度計も付いていて起き抜けの気温を確かめるのも楽しいです。
 今回は、安物買いの銭失いになってしまいましたが、100均でいい物とそうじゃない物って結構ありそうですね。
 
100211.jpg
至福の時

「ゴールデンスランバー」見ました

 笑顔で全ての感情を表現するという堺雅人さん主演の、「ゴールデンスランバー」を見ました。多くを期待していなかったのですが、大変楽しめました。期待して見た「ラブリーボーン」で肩透かしを食った分、ゴールデンで取り戻した感じです。
 特に警察官の永島敏行が良かった。すんごく怖かった…
 それにしても、期待せずに見に行った方が楽しめるのかしら。次は「インビクタス/負けざる者たち」を見ようと思っているのですが、物凄く期待しているので却って心配です。

100210.jpg
足シマシマ

意外と腹黒くない姉です

100209.jpg

しっぽは邪魔になりません

100208.jpg

新しいクッションの寝心地を試しております

100207.jpg

ニヒル

100206.jpg

天敵知らず

100205.jpg

ラブリーボーン観ました(ネタバレ)

 封切り日に「ラブリーボーン」を見ました。何かこう、ツボを外されてカタルシスが味わえないといった感じの残念な映画でした。原作は未読なんですが、小説の方は読後スッキリするんでしょうか。
 14歳の少女が近所の変質者に殺されて、天国とこの世の狭間に漂いつつ、家族を心配したり犯人を憎んだりしてるんですが、普通、こういうのって、死者からの虫の知らせとかで、本人の死体を見つけて貰ったり、犯人が捕まったりするので、そこら辺でスッキリするんですが、そのどちらの期待も裏切られてしまい、本当にスッキリしません。
 特に犯人は、10数人は殺している少女連続殺人犯なのですが、明らかに怪しい犯人(でも証拠無し)の家に、死んだ少女の妹が決死の覚悟で潜入し、決定的証拠である犯罪記録(殺した少女の髪とか取ってある)を見つけ出したのに逮捕に至らず、普通に町を離れて、次の場所でまた女の子を殺そうとしているという理不尽さ。
 名前も顔も分かったのに、整形もしないまま普通に次の犯行が行えるってどうでしょ。全米ネットで顔写真公開しろよ、と思います。
 犯人は、結局、足を滑らせてがけ下に転落し、事故死してしまいました。何の裁きも受けぬまま…。未解決事件の多さを思うと、ある意味リアリティがあるといえるかも知れませんが、そんなリアリティ要らん!フィクションでくらい逮捕してスッキリさせてくれ!
 それと、演出的に仕方が無かったのかも知れませんけど、殺された女の子に危機回避能力が無さ過ぎて、可哀想より先に腹立たしくなるのはいかがなものか。
 帰宅が遅れて急いでいる時に、あの怪しい中年男に声を掛けられホイホイ付いていった挙句、トウモロコシ畑の中に作ったという秘密基地めいた地下室を見せられて、大喜びで入ってしまうのですよ。そして、人里離れた地下室で二人きりという状況で、こりゃまずいと気付いて逃げ出そうと思った時にはもう遅く、惨殺されてしまうのです。本人も死後大変後悔して「なんで、私はあんなヤツに…」なんて言ってましたから、演出的に後悔させるために、馬鹿なシチュエーションを作ったのかもしれませんが、14才にもなってあんなに無用心だったら、遅かれ早かれ犯罪に巻き込まれてしまうと思います。

 ウリの天国の光景ですが、アメリカ人の考える天国だからなのか、あんな天国なら死ねないと思うぐらいふーたらぬるい風景で、こんな所に行かされるなら、なるべく長生きしたいと思います。綺麗なんですけどね。

100204.jpg
弟(人間の方)と弟(猫の方)

日本に正体不明の鳥がいる

 評判のハトジョークを読んで、上手い!と感心しました。作者は誰なんでしょう。


日本に正体不明の鳥がいる。

 中国から見れば「カモ」に見える。

 米国から見れば「チキン」に見える。

 欧州から見れば「アホウドリ」に見える。

 日本の有権者には「サギ」だと思われている。

 オザワから見れば「オウム」のような存在。

 でも、鳥自身は「ハト」だと言い張っているようだ。


100125.jpg
寝ていてもおもちゃをキープ

非情のマクドナルド

 先日、久しぶりにマクドナルドのドライブスルーでハンバーガーを買いました。JAFの会員さんはご存知だと思うのですが、会報にマクドナルドのコーヒー無料券が付いていて、ハンバーガーを購入すると無料でコーヒーが貰えます。
 そしたら、今回初めて無料券記載の番号と言うのを聞かれて、大変まごつきました。確かに券に番号らしきものが書いてあるのが分かります。しかし、それが656だか658だか小さすぎて判読できないんですよ!(老眼で)
 誰に文句を言ったら良いんだろう。マクドナルド?JAF?とにかく、哀しい出来事でした。

100202.jpg
朝、人が起きた後の布団で暖をとる

弟ってヤツは

 先週の土曜、弟が泊まりに来ました。最近まで嫁実家(車で1時間程度)に居候していたので、地元で飲み会が有ったりすると泊まったりしていたのですが、車で20分分程度の所に所帯を持ったので、今後はそんな事も無くなるなーと思った矢先の事です。何でも、嫁の姉一家が泊まりに来ているそうで、飲んで遅くなると迷惑なのと、単純に人口密度が増えて大変なせいだと思います。
 そんな訳で、久しぶりに一人息子が泊まりに来ると、母はウキウキいそいそとしておりました。
 
 で、当日。家に車を置いた弟を飲み会の隣町まで送ったのまでは良いとして、22時過ぎと聞いていたお迎えの電話が全然鳴りません。23時を過ぎ、0時を過ぎ…ついには1時を過ぎようとしたところで、タクシーで帰ってきちゃいましたよ!
 弟は、日曜も仕事の予定が入っているので、そんなに遅くはなるまいと思っていたのですが、完全に予想が外れました。
 化粧も落とさず、風呂も入らず待ってたのに~!「あー、ごめん」とか言って終わりってあんまりじゃないですか?弟ってヤツは、ホントしょうがないですね。

100201.jpg
こっちの姉もしょっぱい顔をしています

Appendix

Profile

あまん

☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

Extra

プロフィール

あまん

Author:あまん
☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。