Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬるい姉弟喧嘩

100131b
スポンサーサイト

良い所に上着が…

100130b

恐怖!交差点の自転車

 歩行中無灯火の自転車には、激しい怒りというか憤りを感じるのですが、自動車を運転している時、恐怖を覚えるのは、乗ったまま横断歩道を走る自転車です。左折の時に、歩行者が居ないのを確認して曲がっている時、遠くから自転車がかなりの速度のまま横断歩道に突入してくると、うっかりするとそのまま轢いてしまいます。
 道路交通法では、自転車は降りて横断歩道を通る事になってますけど、降りて渡ってる人を見た事がありません。無灯火の自転車も、横断歩道の走行も、厳しい罰則が無いみたいなので、是非、罰金30万円とか厳しい罰則を設けて、安全を確保して欲しいです。
 本音を言えば、無灯火乗車の自転車が事故に遭った(歩行者を轢いたり、自動車にはねられたり)ら、自転車側には保険が降りないとか、過失を相殺するとかのペナルティが欲しいところ。
 どこかの条例では、走行中ヘルメットを被ってないと、事故の際保険が下りないなんてのを小耳に挟んだので、実現の可能性ありそうなんだけどなー。

100129.jpg
もつれて寝る

どうでもいい話

 SM○Pのナカ○くんが、新聞のラテ欄を指差しながら(BSフジかなんかの番組)「これさー、オレ出るかどうか分かんないから、見て貰っても無駄かも知んないよ」などと解説してくれる夢を見ました。
 申し訳ないながら、特別ファンという訳ではないので、「そこまで言って頂いても別段見たいと思ってなかったのに」と、夢の中なのに大変恐縮しておりました。何だろう、疲れてるのかなぁ。

100128.jpg
ファンヒーターの上で

福岡シティ劇場公演休止

 ラジオのニュースで聞いたんですが、劇団四季の福岡シティ劇場が、いま公演中の「コーラスライン」を最後に、しばらく公演を中止するとか。
 今公演を見に行こう、とお誘いをいただいていたのですが、次で良いや、と見送ってしまったせいでチャンスを逃してしまいました。残念です。
 やっぱり、こういうチャンスが巡ってきた時には、逃しちゃ駄目ですね。

100127b
腕を前に出して、背伸びの運動から

腹は白い

100126b

大火災に遭遇

 土曜日の日暮れ時に行橋市を走っていると、前方にこの世の終わりのような黒雲が上がってます。何、あの雲?と思いつつ更に車を走らせていたら、雲の発生地点が赤く燃え上がってました。
100123a.jpg

 通り過ぎてから撮った一枚。
100123b.jpg
 
 後からニュースで確認したら、行橋市のリサイクル会社の倉庫が炎上していたそうです。バイク600台、テレビなど数千台だそうですが、不幸中の幸いで、出火当時倉庫内に居た社員の皆さんに怪我は無いそうです。火事であんなに煙が出るものなんですね。びっくりしました。

寝てばかり

100124b

ねこ緩む

100123b

ひとり「ウサギと亀」

 出勤で家を出る時には、まだ日が昇っていなくてライトを点けるのですが、渋滞に巻き込まれている内に、段々日が昇ってきて、いつの間にか明るくなっています。とはいえ雨の日などは職場に辿り着くまでライト点灯という事も少なくないのですが、日が昇ってくるというのはそれだけで気持ちが明るくなるものですね。
 それはそうと、私は目覚ましが鳴ってから15分で家を出るという毎日なのですが、この時間設定だと、何かアクシデントが有ったら、即遅刻です。一応職場に到着してから始業まで30分の余裕を見ているのですが、これも渋滞具合によっては分かりませんもんね。
 ただ、30分なり1時間なりの余裕を持って起きると、却ってノロノロ支度をして時間が無くなったりするので、ギリギリの方が効率が良いのです。そんな私ですから、ウサギと亀の話は身につまされれます。


100122b
コタツに入ってて暑くなり…良い暮らししてるよね

まぶしい

100121b

お気に入りのおもちゃと

100120b

はい、ポーズ!

100119.jpg

スパムコメントと判定されました

 15日の記事にコメントを頂いたので、返信しようとしたら上手く行かず何度かチャレンジしているうちに「スパムコメントと判定されました」とか言われちゃいました。自分のブログなのにぃ~
 文言を変えても駄目みたいなので、Kei様、こんな所でなんですが、素敵グッズの紹介ありがとうございました。便利なだけでなく大変癒されます。

100118b
無防備

にゃんこ姉

100115.jpg

前へならえ!

100116.jpg

ストラップが切れた!

 私は携帯電話のストラップに自宅の鍵を付けているのですが、今朝、家を出る時には確かに有ったストラップが、職場に着いて携帯を取り出すと付いていないのです。
 車内で携帯メールを確認してカバンに戻したのですが、その際に気付かなかったので車内に落としているというのが有力ですが、万が一という事もあるので、家に電話して、玄関から自宅駐車場までの数メートルを確認して貰いました。
 結局、お昼休みに職場の駐車場(結構遠い)まで出かけて、助手席シートに挟まったストラップ&家の鍵を発見したのですが、見付かるまでは結構ドキドキでした。
 携帯ストラップの紐って、結構切れたりするんですねー、というか、長い事使いすぎ?

100117b
爆睡姉

左向け左

100114.jpg

雪だ!

 朝起きたら、一面の銀世界で、こりゃ駄目だと思って二度寝してしまいました。九州人なので雪道の運転に自信が無いのです。日が昇るのを待って(道の雪が解けるから)、いつもより一時間は遅くに出発しました。抜かりなく昨日の帰りに、上司へは「雪が積もったら遅刻」と申告していましたが、結局、8時半には余裕で出勤出来ました。隣駅付近が大渋滞になっていたらしいのですが、その難所を経由せず出勤出来る為、いつもより道はガラガラで、結果的には所要時間はいつもの三分の一程度とむしろ早く着いて、拍子抜けでしたが、同僚の一人は渋滞にはまって、大変だったようです。休みの日の雪化粧は、むしろ大好きなのですが、出勤日に積もられると大変困ります。
 つい20年ほど前なら、出勤中に渋滞にはまったりすると、職場に連絡するのは途中で降りて公衆電話で掛けるくらいしか手段がなくて、車内でイライラしたもんですが、最近は携帯電話が普及して楽になりましたねえ。
 
100113b
猫ボックス変形中

ファンヒーター大好き

100112b
ファンヒーターにあたりながら、コタツ布団の上で寝る幸せ

だらしない寝姿

100111.jpg

はみ出しても気にしない

100110.jpg

リラーックス

100109.jpg

沈黙の艦隊

 かわぐちかいじの漫画「沈黙の艦隊」。連載当時大変はまっていて「モーニング」(連載誌)を毎週買っちゃう程だったのですが、週間連載と物語のスケールが合ってなかったせいか、いつの間にか読むのをやめてしまっている内に完結していました。
 先日、文庫で全部揃えて、お正月休みに読もうと思っていたのですが、休みを待つまでもなく読み終わってしまいました。それぐらい面白い。やっぱり、一気に読むべき話というのはあるものですね。連載の細切れでは、面白さが伝わらないんですよ。
 弊害としては、「タイコンデロガ」とか、「タービュレント」とかの単語が頭をよぎることでしょうか。

100108.jpg
頭突き

坂の上の雲

 年末に、NHKの大河ドラマの時間帯で、スペシャルドラマとして「坂の上の雲」を放送していました。原作を高校時代くらいに読んで以来のファンなので、どんな風に映像化されるのか固唾を呑んで見守っていた(オオゲサ)のですが、思った以上に良かったです。
 分かり難い所には注釈も入るし、本を読むより映像の方が抜群に分かりやすいですね。久しぶりに原作を読もうと思って本棚を探したら2巻しか見付からないという体たらく。再び買い揃えるしかないのか…
 広瀬武夫役は、北九州出身の役者さんらしいですね。応援したいと思います。良い役貰ったなあ。それにしても「次回の放送は22年12月」って、間が開きすぎやろ!個人的には、小出しに見せられるより、全部出来上がってから一気に見たいです。

100107.jpg
腰痛知らず

初風邪

 仕事始めの日、職場ビル内が大変寒く、風邪をひいてしまいました。休み中に冷え切った室内がぬくもらなかったのが敗因ではないかと。
 自宅ではファンヒーターの設定温度も11度(最低温度)にしているぐらいで、余り暖かくはしていないのですが、職場では薄着なので足元が冷えると覿面です。今日は、ストッキングを毛糸のタイツに変更してみました。
 体温が高くなっているので、猫には好評のようです…

100106.jpg
足、しましま

恋の神

 近所の神社へ初詣に行ったら、小さな社を「恋の神」としてお祭りしていて驚かされました。地元民からは顰蹙を買っているんじゃないかなー。
 地元ではお小夜さごしち神社と呼ばれているそのお社の謂れは、伝え聞くところに寄ると、この村に美しい巡礼の母娘が流れ着き、その娘お小夜はさごしちという若者と恋に落ちます。しかしそれを快く思わない村の若者たちは、さごしちを責め殺してしまいます。(しかも、左右の足をそれぞれ牛に縛り付けて牛裂きの刑だったそうな)それに絶望したお小夜は、自害して果てたそうで、その霊を慰める為に立てた神社が何故に恋の神に?
 「牛守神社」という名前も、牛裂きの刑に因んでいるんでしょうか。ぶるぶる。

100105.jpg
猫ボックス満員

引き出しの上

100104.jpg

ねこ鏡餅

100103.jpg

弟爆睡中

091229.jpg

Appendix

Profile

あまん

☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

Extra

プロフィール

あまん

Author:あまん
☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。