Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目がランラン

090930.jpg
スポンサーサイト

レジの順番について

 先日、「ファッションセンターしまむら」に行って、ストッキングなどを買ってレジに並んでおりましたら、次が私の番という所で、閉まっていた隣のレジが開きました。

「お待ちのお客様どうぞ」

 店員さんの声に、そっちに行こうとしたら、私の後ろに並んでいたお客さんが先に行ってしまいました。ええーそんなあ。
 こういう時、店員さんの教育がしっかりしているお店では、「こちらのお客様が先ですので」とか何とか言って、待っていた順番通りに受け付けしてくれるものなのですが、今回は全くノータッチでした。

 その上、何か感じ悪いなー、ひとこと言った方が良いかな。などと思っていたら、買った品物を受け取り忘れて、そのまま帰りかけるというオマケつきでした。
 そんな訳で、今回の教訓は、他に気を取られたら、ミスを起こしやすいということにしておこうかなと思います。


090923.jpg
打ち上げられたトド?

たんこぶ鬼馬二

 昨日、一心不乱に風呂掃除をしていて、柱に頭をぶつけてしまいました。風呂が狭いので、勢いあまったのだと思うのですが、目の前にチカっと星が飛びました。
 幸い被害は、たんこぶを作ったぐらいでしたが、打ち所が悪かったりしたら、全裸でブラシを持った状態で倒れているのを家族に発見され、事件事故の両面から捜査されるのかと思ったら、日常生活も、油断出来ないですね。
 額に「冷えピタ」を貼って寝ましたら、翌朝青タンになってなくてホッとしました。

090922.jpg
寝込む猫「ハ」の字

栗ご飯

 先日、栗を300円分買ってきて、3回に分けて栗ご飯を炊きました。一度に炊けば良いとお思いでしょうが、15、6個剥いた所で心が折れてしまうので、剥いた分だけで炊く事になります。栗ご飯は炊きたてが美味しいので、結果オーライです。
 それにしても、今回の皮むきは「栗の皮むき」というハサミのようなペンチのような器具でチャレンジしてみたのですが、高い器具の割には、やっぱり大変でした。栗ご飯は大好きなんですが、自分で皮を剥かなきゃならないと思うと、中々栗を買う気になれません。

090921.jpg
狭いところが好き

運動会

 五連休だったので、土曜も出勤です。そんな土曜の今日は、甥姪の運動会だったのですが、応援に行けませんでした。保育園ぐらいの運動会って、可愛いですよね。
 子供の頃の運動会って、遠足と同じで、お弁当にご馳走が出たり、授業が無かったりで大好きだったのですが、かけっこが苦手だったりすると違った感じ方になるのかも知れませんね。幸い、子供の頃は身体も大きく(というか、今も大きいけど)、太っても居なかったので、かけっこなどに苦労した記憶がありません。リレーの選手とかに選ばれたら、嬉しかったなあ。

090920.jpg
生活感あふれる昼寝風景

良くある話

 新しい携帯を入手して早々に、もう落としてしまいました。いえ、紛失したというわけではなく、文字通り地面に落下させてしまったのですが、地面がコンクリだったので、被害甚大です。一応、壊れていないようですが、表面に傷が~
 不思議な話、古くなってからより、新しい時のほうが、落としやすいです。新車に傷と一緒かなあ。

090910_234457.jpg
洗濯物の上でくつろぐ

引きこもり休暇

 この連休って、もしかすると一年で一番長い休みだったのではないでしょうか。年末年始休暇も5日あるんですが、大晦日やお正月が入るので、いつも以上に忙しい印象がありますから。
 とはいえ、何をしたという事もなく5日経ってしまいました。お休みの間って、時間が早く経ちすぎですよね。

 因みに、休み中は家に引きこもって、読書三昧でした。引きこもりって幸せだなー。猫とクッションとコーヒーカップに面白い本が有れば、最も幸せな休日が過ごせると思う今日この頃です。

090924.jpg
よしよし

シルバーウィークって、

 明日からシルバーウィークですね。ゴールデンウィークという名称は、物心ついた時には既に市民権を得ていたので気になりませんが、このシルバーウィークという表現は如何なものでしょうか。
 敬老の日が入っているから?それとも単純に春のゴールデンに対抗して秋はシルバー?銀自体は好きな色なんですが、シルバーという響きは、シルバーシートとかそっちのイメージが強くて、何か引っかかるなあ。
 これってやっぱり、自分が、シルバーに限りなく近づいてるから、敏感になってるのかも。お若い方は、全く気にしてない気もします。


 ところで、連休中は、ブログも休憩して、休み明けから再開したいと思っております。ここを見てくれているのは、多分リアル友人だけだと思いますが、元気(の筈)ですので、ご心配なく~

090903_180339.jpg
テーブルひやっこい

おすまし

090903_172345.jpg

半七捕物帳

 池波正太郎の「鬼平犯科帳」を読み終えてしまったので、最近は「半七捕物帳」を読んでいます。「なめくじ長屋捕り物さわぎ」で有名な都筑道夫先生が、半七は上質の推理物だとどこかで書いていらしたのですが、確かに大変面白いです。
 ところで、姉(人間の方)に半七を読んでる、と言ったらこんな話を教えてくれました。笑点で見たそうですが、片肌を脱いで、遠山の金さんか、と思わせたところで「半チチ捕物帳」と見得を切って、横に居た子分役が「半チチの親分!」と声を掛けるというギャグ。笑点のお客さんは時代劇にも精通していると見えて、どっかんどっかん受けていたそうです。
 半チチ捕物帳、しばらく耳に残って困りました。

090903_172220.jpg
招き猫

ローガン・フリーマン

 最近、近くの物が見えにくくなってきて、大変ブルーな気持ちです。近眼だと老眼になりにくいというのは、都市伝説なのでしょうか。近眼で老眼だったらどの部分で見たら良いねん!

 そして、どうでも良い事ですが、「八ツ場ダム」は、どうして「ヤンバダム」と発音するのでしょう。ニュースなんかで耳にする度、ガノタでもないのに、ランバラルを思い出すのもどうかと思います…。

090903_171941.jpg
新しいカメラで

わっしょい

09-09-05_10-42~00

今日も昼寝の予定です

09-09-05_10-42.jpg

猫にもスケジュール帳が必要なんです

09-09-05_10-40~00

迷惑FAXの腹立たしさ

 福岡県の直方(のおがた)市に、「びっくり市」という肉屋と八百屋が一緒になった規模の大きいスーパーのようなお店があります。明治屋というお肉屋さんが始めたらしく、漏れ聞くところによると、従業員は残業手当が出ないように定時以降は私服に着替えて働いているとか、20年ぐらい前なら大企業でも普通の事でしたが、最近は労基署に訴えられたら負けそうな営業体系だったりして、週末しか営業しない割りに、繁盛していたようです。今は残業手当出てると良いですが…
 それはさておき、そのお店の一角に、酒屋があって、そこのお店で父が買い物をしたらしく、「お得意様への割引案内」とかいうチラシのFAXが届くようになりました。市外ですし、滅多に行きません。用紙もインクリボンも勿体無いので、何度も何度も「FAX送信不要」とFAXを送っているのですが、依然として届いています。(FAXが届くのは夜で、夜間の電話は通じない上に、「このFAXが不要の方は、FAXで不要連絡を」と書いてあるのに!)
 宣伝したいのでしょうが、これははっきり言って逆効果。絶対この店では二度と買うもんかという気持ちになっています。このお店は、一体何を考えているのかサッパリ分かりません。

09-09-05_09-58.jpg
お手

後に怪しい気配が!

09-09-05_09-57~00

真実が映る鏡

 携帯を新しい機種に変えたら、今までに無かった機能が色々と追加になっていて驚かされます。最近知った機能は「ハンドミラー」。
 カメラで撮りつつモニターで自分の顔を確認出来るのですが、何かこう「疲れた顔した見知らぬ人」がモニターに写っていて、物凄く凹みました。これは鏡以上に真実が映っているのでしょうか。

 ところで、2009年9月9日と9が並びましたね。貯金とか消印とかで記念に記録を残すべきだったかなあ。

09-09-05_09-57.jpg
テーブル冷たいー

「サブウェイ123」

 本当はナイトミュージアム2でも見ようかと思って映画館へ行ったら、22時10分からしか上映していなかったので、たまたま丁度良い時間だった「サブウェイ123」を見ました。
 見るまで全然知らなかったんですが、ジョン・トラボルタとデンゼル・ワシントンが主役で、大変面白かったです。
 地下鉄を占拠した犯人グループが、乗客を人質に身代金1000万ドルを要求。地下鉄運行指令室に勤務するガーバーは、犯人からの無線を受けたことから、そのまま交渉役を務めることになり…というストーリーで、犯人役のジョン・トラボルタと地下鉄職員のデンゼル・ワシントンのやり取りは手に汗を握らされます。何と言っても、本職の交渉人でもなく、ましてや警察官でもない地下鉄職員が矢面に立たされる緊張感は、中々のもの。「96時間」のお父さんは、プロだからカッコ良かったですが、地下鉄職員のお父さんは、プロじゃないからカッコいい(地下鉄職員としてはプロですが)という感じですね。
 「96時間」と違って、殺されるのは大抵無辜の市民たち。悪人じゃないので、物凄くショックですよ。外人、すぐ殺すから…。やっぱり肉食の人たちは怖いです(変な感想)。

09-09-05_09-52~00
ベッド独り占め

「96時間」ネタバレ

 殆ど予備知識無く見たのですが、大変面白かったです。娘との時間を大切にしたいとか何とか言う理由で退職した米国の元特殊工作員のお父さんが、誘拐された娘を自力で助け出す話です。
 離婚した元奥さんは、お金持ちと再婚してて、娘もそっちに取られちゃって、一人寂しく暮らすお父さんですが、退職したとはいえ、特殊工作員としての力は鈍っていないようで、昔の同僚と組んで技能を生かしたアルバイトに励んだりもしています。
 そんな中、17歳になったばかりの娘が、友達と二人きりでパリへ旅行するというので、若い娘だけの海外旅行の危険を嫌という程知っているお父さんは大反対するのですが、娘可愛さで結局OKしてしまいます。しかし、パリへ到着したその日に、危惧していた通り、娘は人身売買組織に誘拐され、偶然携帯電話で会話中だった父は、持てる知識、技能、人脈を全て使って、娘を救い出す闘いを始めるのでした。
 
 いやはや、このお父さんの強さがハンパなく「プロってカッコいい」と惚れ惚れ致します。日常生活でのカッコ悪さがそれを更に際立たせるんですかね。確かに、特殊工作員の技能って、あんまり日常生活で役立たないかも…。
 娘を誘拐したアルバニア系の組織の手口から、誘拐されてから96時間以内でないと、救出は不可能というデータが提示され、見ている方も、ハラハラどきどきです。とにかく時間が無いのと、組織のやり口が非道なせいで、お父さんが、躊躇無く殺しまくっても、あんまり残酷という気になれません。むしろ爽快感があったりするのですよ。普通の感覚している人でも、きっと、もっとやれーと思う筈。
 いやはや、楽しい映画でした。

09-09-05_09-52.jpg
僕イケメン!

猫カプセルホテル(食事付き)

09-08-25_23-25~00

毛布ちうちう

09-08-19_22-53.jpg

マイクロSDって…

 携帯をカメラの良いヤツに買い換えて、マイクロSDだかのメモリーを買い、SDメモリーカードになるアダプタを買い、いざパソコンに差し込んだら認識しません。
 なんで~と思いぐぐったら、8GのマイクロSDは、新しいシステムらしくって、対応のカードリーダーを買わなきゃ駄目みたいですよ。
 
 新しいカードなら、古い機種でも大丈夫なようにしとけよ!と思いますが、機械に向かって文句言っても仕方が無いので、カードリーダーとやらを買おうと思います。
 そんな訳で、写真が取り出せません。

目を合わせない

 先日、S子ちゃんから貰ったクロネコのジョウロは、人間の家族には大好評だったのですが、ニャンコたちには今ひとつでした。早速闘いを挑むニャンコ姉と、早速逃げ出すニャンコ弟。しばしの闘いの後、友情は芽生えたのでしょうか。
 因みに、ニャンコ弟も、クロネコちゃんとは目を合わさないようにしております。

09-08-23_22-54~00

年齢を感じた出来事

 今週は、自民大敗がショックだった訳でないでしょうが、制服を家に持って帰って洗濯していたら、週明けに持っていくのを忘れ、冬物を着ていました。長いOL人生ですが、意外に制服を忘れた事が無くて、油断していたのかも。今までは部屋干しして、週明けの朝バッグに入れていた(前日から入れるとシワになるから)のですが、シワ関係なく前日に準備した方が安全なのかも。
 こんな事で、年を感じるとは…。

09-08-18_20-14~00
箱入り息子

失って初めて知ること

 使っていたソフトバンクの携帯を、とうとう買い換えました。頼みもしないのにシステムが変わって、来年の3月までに機種を変えないと使えなくなるというので仕方がありません。
 ショップに出かけて、色々機種を見せて貰って、結局カメラの良いやつを買いました。思いがけず非常に高くつきました。
 ところで、新しい機種に乗り換えて、古い携帯の電源を切っておいたのですが、目覚まし時計の機能をキャンセルしていなかったせいで、時間になったら電源が入って、今まで通り時を告げておりました。

 えー、目覚まし機能って、電源オフしても機能するんだ!

 機種変更して、使わなくなって初めて知る便利機能ということで、大変間抜けなお話でした。古い携帯は、勿体無いので、目覚まし時計として使おうかしらん。

09-08-18_23-37.jpg
自由に寝るpart2

Appendix

Profile

あまん

☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

Extra

プロフィール

あまん

Author:あまん
☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。