Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギンギラ太陽’s が北九州のイオン八幡東に?

 チラシで見たのですが、福岡で人気の劇団「ギンギラ太陽’s」が、イオン八幡東ショッピングセンターで「節約劇場」を繰り広げるとか。ギンギラの公式HPにも一切告知なしなので、真偽の程は不明ですが、一体どんな内容なのでしょう。8/1と8/2の二日間、11時から18時という長時間なのも気になります。いつ行っても見られるんだろうか…。

09-07-26_23-16.jpg
スポンサーサイト

新型インフルエンザ接近中

 ごくごく近くで新型インフルエンザ発症者が出て、職場も戦々恐々としております。市は、既に鎮火という認識で、7月一杯で24時間体制の電話相談を打ち切ったり、発熱外来を取り止めたりという流れの中での発症は、ちょっと嫌な感じです。
 しばらくは近所のスーパーに行くにもマスク必須ですか…。

09-07-12_11-15.jpg
テーブルを暖めるネコたち

えびぞり

09-07-08_20-16.jpg

人生はげたり太ったり

 最近、週末と週明けでは体型に差がありすぎで、連休の時など、週末に買った服が、週明けには入らない事も。計ってみたら、最大幅で3キロ強の差がありました。猫一匹分ですよ。

09-07-09_22-59.jpg
家主にはベッドを使わせません

自由という名の寝姿

09-07-09_22-58.jpg

並ぶと大きさ違う

09-07-09_22-47.jpg

カメラを出すまでは可愛い顔しているのに

09-07-09_21-20.jpg

ああ夏休み

 職場近くの古本屋に立ち寄ったら、書棚を行き来するのに困るほど子供たちの姿が。一瞬何故か分からなかったのですが、既に夏休みなんですね。
 それにしても、冬休みや春休みには感じない何か郷愁のようなものを夏休みには感じます。小学生の頃の夏休みって、楽しかったですよね。
 私たちの子供の頃は、夏もこんなに暑くなくて、30度を超えたら「暑い」とか言ってました。自宅にクーラーがある家は稀で、受験勉強や宿題など、図書館が大活躍してましたね。スイカや花火や海水浴、プールに夏祭りと楽しい事がたくさんあって、宿題は「夏休みの友」という問題集の冊子が1冊と自由研究に絵日記ぐらいで、絵日記はともかく、他のものは7月中に終わらせるというのが常でした。
 就職してからは、お盆休みが無い会社だったせいで、長期の夏休みというのはとんとご無沙汰ですが、1ヶ月とか休んでしまったら、休み明けに絶対出勤したくないだろうなーと思います。

09-07-09_21-18.jpg
毛づくろい中

スーパーの停電

 先日、下関(隣の県ですが通勤圏内)に出掛け、ちょっと持ち合わせが乏しかったので、ATMに寄るつもりで、ゆめタウン長府店に立ち寄りました。いつも駐車場が満車になっているようなお店なのですが、その日は結構空いてます。雨の中割りに近い所に停める事が出来て、やれやれと入り口に向かうと何やら人だかりが。そして店内は何故か真っ暗。思わず、今日はお休みなんですか?と入り口に居た人に尋ねたら、何と停電しているとの事。そのお客さんから聞いたところによると、中電に落ちたという事で、大元がいかれたなら復旧も時間が掛かるかもといった印象でした。
 流石に真っ暗な店内に入る気にもなれず、というか、停電ならATMは使えません。諦めて出ましたが、道を挟んだ向かいの店は軒並み赤々と電気が付いています。停電ってそんなものなんでしょうか。最近、停電被害に遭うこともなくなって、忘れてしまっていました。
 それにしても、こんな大きな店でも、自家発電とかそういう設備は無いのですね。それも結構意外でした。

09-07-09_20-35.jpg
ニヒル?

皆既日食

 福岡では約9割隠れるということで楽しみにしていたのですが、あいにくの曇り空。ほとんど諦めていたのですが、ちょっとだけ見ることが出来ました。曇り空のおかげで、雲越しの太陽だったので、肉眼でも見ることが出来たのです。(鏡に反射させて壁に映して見ようと思っていた)
 46年ぶりの世紀の天体ショー。リアルタイムで見られて大変感動しました。沖縄の方まで出掛けて気合を入れていた天文ファンの皆さんも、ちゃんと見られてたら良いなあ。

09-07-09_20-36~00
ややベロしまい忘れ

くきのうみ花火

 先週の金曜、地元の花火大会へ行きました。花火好きとしては、近所の花火大会は外せません。ずっと天気予報が雨模様だったので開催を危ぶんでいましたが、幸い当日は曇り空で、花火日和となりました。
 ここ数年は若戸渡船というおもちゃのようなフェリーに乗って、対岸へ行き、海岸線の遊歩道から眺めているのですが、目の前が海なので、人の頭で見えないという事もなく、大変快適です。今年は明るい内から陣取っていたら、漁船?などが10数隻連なって、海の安全を訴えるアトラクションがあり、結構待ち時間も楽しくすごしました。
 ところがこの漁船?のアトラクションが曲者で、湾内を10数隻連なってグルグル回ったせいで、波が起き、お隣に陣取った家族は思い切り波を被ってびしょ濡れになってました。ほんの5メートルほどの差が命運を分け(オオゲサ)たのですが、ほんと人生何が起こるかわかりませんね。

09-07-17_20-11.jpg

エックスにゃぱん

09-07-08_20-15.jpg

これをちょっと、こっち向きに…

09-07-06_20-55~00

旧友にメール

 高校時代からの友人K美の誕生日が近いのを思い出したせいなのか、彼女の夢を見ました。どこかのパーティ会場で偶然会ったのに、「あんた誰」という顔をして知らん振りされるという…
 そういえば、K美とは一昨年の12月にご飯を食べに行って以来、会っていません。いくら何でもほったらかし済みだろうと反省して、ご機嫌伺いのメールを送ってみました。K美の仕事は常に忙しいので、返事がすぐ来た例は無いのですが、2,3日経つと不安になってきます。友情(?)を疑うわけではなく、アドレスが変わっててまた連絡を忘れられたのかと!(前科あり)
 そんなK美から、返信メールが届いて、大変ホッとしました。相変わらず忙しいようですが「会いたいね」と有って、ほろり。「里心がつく」って、こんな感じかな。物凄くK美に会いたくなりました。
 友達って良いですね。

09-07-06_23-32.jpg
本棚重みで崩壊中

謝罪のプロ

 又聞きなので、作家名は分かりませんが、謝罪のエキスパートのお話です。
 その作家さんは、小心者(本人談)なので、締切も守り、なるべく自分が謝らなければならない立場にならない様に、細心の注意を払っているそうですが、編集さんなどがポカをして、作家さんに対して謝罪を行うという事は日常茶飯事だとか。自分は謝らないけれど、謝られ慣れているという事で、最もスマートだと感じる謝罪方法について、以下のように述べておられます。

題して、「打ち合わせの時刻に遅刻した編集さんのベスト謝罪」

1.まず、到着時に第一回謝罪
「遅れて申し訳ありません」
 ※くどくど言い訳せず、ただただ謝り、すぐ打ち合わせに入る。

2.打ち合わせ途中のキリの良いところで第二回謝罪
「遅刻してしまい申し訳ありませんでした。こちらへ向かう途中の列車で人身事故が発生し、トンネル内に閉じ込められてしまいまして…」
 ※ここでようやく遅れた理由を伝える。

3.帰り際に第三回謝罪
「本日は、大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」

4.後日、第四回謝罪
「先日の打ち合わせでは、遅刻してしまい、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」

 とまあ、こんな感じの4段階の謝罪です。謝罪(される側)のプロがベストと感じたのだったら、結構有効なのかも。確かに、待たされまくって、ようやく現われた相手が、言い訳をくどくど言い出したら、火に油という気がしますね。

 この話で思い出したのが、むかーし、元職に居た後輩女子の事。とても良く気の付く子で、上司や先輩たちから大変可愛がられていました。その子のお礼の言い方が、一味違っていて今でも忘れられません。
 たとえば、何かお土産のお菓子をあげたら、その時にお礼を言うのは誰でも同じでしょうが、その子は、翌日(というか次の折)に、「この前のあれ、美味しかったです。ありがとうございました」と必ず言ってくれるのです。とても良い習慣だなと思って、まねしようと思うのですが、これが結構難しいのです。タイミングを外してしまうと、何それになっちゃいますしね。
 でも、良い習慣は、なるべく自分でも取り入れて行きたいと思います。 

09-07-05_20-45.jpg
爪とぎ大好き

助六の話

 いなり寿司と巻き寿司のセットを「助六」と言いますが、元上司がこの前「若い子にお弁当を買ってきて貰うのに『助六』を頼んだら通じなかった」とショックを受けていました。ジェネレーションギャップですね。しかし、何故、あのいなりと巻きのセットを助六と呼ぶのか、私も最近まで知りませんでした。
 歌舞伎の演目で「助六」というのが有って、江戸川助六というイケメンが主人公なんだそうですが、そのイケメン助六の彼女が花魁の揚巻。揚が「油揚げ=いなり寿司」で巻が「巻き寿司」でなんだそう。でも、それで何故、あの寿司が揚巻じゃなく、わざわざ彼氏の名前で呼ぶのかはやっぱり謎ですね。 

09-07-06_20-53.jpg
踊るネコ

子猫が車に!

 土曜の晩、ちょっと用事が有って出掛けようと車庫へ行ったら、車に母子猫たちがたむろしていました。母猫はすぐ逃げたのですが、子猫たちは車の下に潜って出て来ません。仕方ないので庭ホウキを取ってきて、車の下に突っ込んで追い立てたりしていたのですが、それが逆効果で子猫は車に登りあがってしまいました。
 ボンネットを開けて、子猫を捜索、確保、救出、と結局30分近く掛かってしまいましたが、何とか子猫は無傷で助け出せました。気が付かずに猫入りのまま車を走らせてしまったらと思うと、ぞっとします。ニャンコが車に近付かなくなるように、何をすれば良いんでしょうね。

09-07-05_20-44.jpg
ちょっと寂しげ

洒落にならない話

 某所で見かけたのですが、驚愕したのでご披露。

洒落にならない、などと使う洒落ですが、洒落の「洒」は、「酒」じゃないんですよ!

 それまで全然気が付きませんでした!人生は驚きに満ちています(オオゲサ)。
 

09-07-06_20-55.jpg
考える姉

失くしたものが出てくる

 元上司を囲む飲み会では、楽しく飲み食いして帰ったのですが、「それじゃまた」と別れた後で、首元に手をやったところ、ネックレスが無くなっていた事に気付きました。そういえば、家で付ける時に、接続部分が上手く嵌ってないような感触があったような…。
 一体、いつの間に落としたのやら(まあ、気付けばその時拾いますよね)で、家の中、家の前など心当たりを探してみたのですが、見付からず、諦めかけていたのですが、念のため3日後ぐらいに居酒屋へ電話してみました。
 お店の方の、探してみますという優しいお言葉に甘え、携帯の番号をお伝えしておりましたら、10分後ぐらいに早速掛かってきました。

「椅子の下辺りに落ちてましたよ」

 大変ありがたかったのですが、もしかして、床掃除は毎日してないって事?
 
09-07-01_20-43.jpg
姉の目つきが気になる…

カエサル

 元上司がイギリス留学から帰って某国際技術協会にお勤めというニュースを元職の先輩から仕入れていたのですが、その先輩がセッティングして下さったので、元上司を囲む飲み会というのに参加してきました。
 定年後に語学留学する人は珍しいらしく、イギリスの学校では中々人気者だったそうです。20代の苦学生(が多い)と比べたら、経済力が違うので、ご飯を食べに行って奢って貰ったりした学生たちには、帰国時に大変惜しまれたらしいです…と書くと、財布だけが目当てだったみたいに見えますが、慕われていたのは本当らしく、お別れの時に、お手紙とか写真とかで構成した手作りのアルバムを餞別に貰っていたりして、人望の程が伺えました。
 しかし、この元上司、語学留学の名目でイギリス滞在していたのですが、本当はヨーロッパの歴史に興味があって、どこかに滞在しつつローマとかスイスとかドイツとかを調べて回りたかったのだそう。英語は何とか話せるけど、他の言語はからっきしとの事で、ヨーロッパに一番近い英語圏ということでイギリスを選んだのだそうです。
 ところが、案外語学学校のスケジュールがタイトで、中々思うように旅行出来なかったのだそう。滞在期間を延ばそうかなと思っていた矢先に、元上司のもとへ、日本から連絡が。
 某国際技術協会の事務局長になって貰えないかという打診で、結局は説得に負け、志半ばで帰国して来たのだとか。語学留学までして、国際的なお仕事に…というと大変計画的な印象を受けるのですが、真相は逆でした。
 
 それはさておき、その元上司からカエサルの本を読んだことがあるかと聞かれ、「塩野七生とかですか?」と答えたら、カエサルの事を書いた本じゃなく、カエサル自身が書いた本という意味でした。正直に白状すると、カエサルが本を書いていたなんて、全然知りませんでした。「ガリア戦記」ってタイトルは知ってましたが、カエサル著だったんですね。しかも名文だとか。
 書店には絶対あるから読め、と厳命されましたが、面白いのかな~。

09-07-03_22-02~00
もっとも気を抜いた瞬間

虎柄の火災報知機

 何でも、火災報知機の設置が義務付けられたそうですね。仕方ないので、火災報知機を買いました。安いので良いや、と思って探したら、1個1,980 円というのを楽天で見付けました。3個以上買えば、送料も無料です。
 しかし、これは迷いますねぇ…。インテリアに凝っている訳でもないし、年がら年中天井を見ているわけでもないので、問題ないかも知れませんが。

09-07-05_20-44~00
何か悪巧みしている風な姉

懸賞でハイボールセット当たる

 サントリーから「ハイボールセット」とか言う品が懸賞で当たったらしく届きました。応募した事すら忘れてしまっていたので、開けてみるまで「?」状態。
 中は、ウィスキーの小瓶と、炭酸水の缶、それに大ぶりのジョッキ。これでハイボールとやらを作るらしいのですが、悲しいかな下戸の身では、なかなか機会がありません。弟(人間の方)が遊びに来るのを待ちたいと思います。

09-06-30_22-40~00
お顔、ひっつき虫~

ソフトバンク対広島

 新聞配達店からのチラシで、愛読者プレゼントと銘打って「ソフトバンク対広島」の内野席チケットプレゼント先着20名というのを見つけました。姉(人間の方)はソフトバンクファンで、TVの野球中継が無い時は、ラジオで戦況を聞いている程なので、これは良いやと思い駄目元で電話してみると、まだチケットが残っているというのです。ラッキーと申込みをして、やれやれと受話器を置いた所で気が付きました。
 小さな字で、「ウェスタンリーグ」って書いてありますよ。夕方に電話したのにチケットが残っていて、変だなと思ったんですよね。二軍の試合でしたか。
 恐る恐る姉に「二軍の試合だけど、チケット要る?」とメールしたら、「行く!」という返事。流石野球ファン、チケットが無駄にならずにすんで良かったです。

09-07-03_22-02.jpg
向かうところ敵なし

モデム不具合

 思い出したようにADSLのモデムが不具合になって、ネットに繋がらなくなってしまいます。昨日も全く駄目で、モデムの電源入れなおしたり、配線をやり直したり、パソコンを立ち上げなおしたりと1時間以上格闘していました。
 しかし、いよいよ駄目か、と思い仕舞い込んであるマニュアルを取り出して、ぺらぺら捲っていたら、いきなり繋がりました。何が悪かったのか、どの処置が良かったのか、まるで分からぬままの復旧でした。
 それにしても、このブログは、何日か先までアップロードの予約状態なので、私本人がアクセス出来なくても、何事も無かったように更新されてしまうのです。考えてみたら、これ結構怖いですよね。

09-06-30_22-40.jpg
暑くても一緒

そんな狭いとこにぎゅうぎゅう入らなくても

09-06-29_23-30.jpg
隣に、もうひとつ同じかごがあるんですよ。

「増えますように」

 七夕飾りをあちこちで見かける季節になりました。子供の拙い字で、一生懸命書いたであろう願い事などは、大変微笑ましいですね。通りすがりの人も参加出来るように、短冊とペンが用意してあったりするのですが、自分で書くとしたら、結構切実な願いになりそうなので、心で思うだけにしておきました。
 ところで、吊るされた短冊の中に一枚、非常に達筆なものが。

「増えますように」

 え、何が?と気になりつつ眺めてしまいました。何か分かりませんが、増えると良いですね。

09-06-29_20-13~00
呼んだ?

手前がお姉ちゃん

09-06-29_20-13.jpg

いつもいっしょ 

09-06-29_20-12.jpg

世の中に寝るより楽は無かりけり

09-06-27_08-40.jpg

まぶしいけど寝る

09-06-27_08-39.jpg

Appendix

Profile

あまん

☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

Extra

プロフィール

あまん

Author:あまん
☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。