Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年度末救世主伝説

 しばらくバタバタするので、日記は休みがちだと思いますが、元気で居ますので、リアル友の皆さん、ご心配なく。
スポンサーサイト

ついに登り詰めた弟

 テレビの上に置いてある猫ハウスは、身軽なニャンコ姉のみが利用していたのですが、ついに弟も入る事が出来ました。あんなにドテッとしているのに、良く登れたなあ。

09-03-12_12-09.jpg

椅子購入

 職場の近くに、リサイクルショップが有り、天気の良い日は店の前に家具などが展示されているので、通勤途中に目に入ってきます。
 そんな家具のひとつが、これ、板を上げると中が保管庫になっている木製の椅子です。丁度台所に椅子が欲しかったのとお値段が手頃だったので、思わず購入してしまったのですが、あいにく徒歩通勤。店員さんが「重いのでお車までお運びします」と言って下さるのを「いえ、徒歩なので…」と断るのが体裁悪いというか…(店員さんとは、職場が近いせいで顔見知りなのです)
 椅子は、大変重かったです。せめてカートを準備すれば良かった~

09-03-02_17-24.jpg

奥にもう一匹

 近所のニャンコたち。ふさふさしていて器量よし揃いです。うちの姉弟よりずっと上等そうですよ。

09-03-08_08-33.jpg

サンタマリアかタンバリンか

 スパークする役者馬鹿、藤岡弘が主役を務めた仮面ライダーは、数十年を経て平成に新シリーズを放送し、今年で10年目だそうです。平成の新ライダーは、初代の仮面ライダークウガの主役は、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのオダギリ・ジョーですから、オダジョーのファンになって、過去作品を辿って見ちゃったというファンも一定数居る筈です。
 さて、そんな平成ライダー10周年を記念して、今年は「仮面ライダーディケイド」という10周年企画に相応しい名を(注:ディケイド(英:decade). 英語で10年紀のこと)冠したディケイド、10年分のライダーシリーズのライダーが、次々登場するらしいです。毎年オモチャを買わされた親御さんは、もう一度古いライダーのオモチャで遊べるので、嬉しいんじゃないかと想像するのですが(笑)
 仮面ライダークウガは五代雄介で、オダジョーが五代くんでした。ディケイドで登場するクウガは小野寺ユウスケで変身したら同じクウガでも、別人らしいです。オダジョーが有名になりすぎて、今更子供番組に出てくれなくなったから、全部のキャストを新しい役者さんに振り分けたんじゃないかと勘ぐりたくなるのですが、再登場のライダーたちは、オリジナルキャストと全く違う役者さんがやっています。
 どうせ別人で処理するなら、同じユウスケじゃなく、全然別の名前にしてくれたら良かったのに、五代雄介のファンのヤマノさんが、とこの前お会いした時、力説してました。希望としては「小野寺タンバリン」とか「小野寺カスタネット」とかが良かったそうです。(ユウスケを想起しない名前だから)
 因みに私の一押しは「小野寺サンタマリア」です。ユウスケだから、サンタマリアかー、となんか納得出来ません?しかし、ヒーローの名前としてサンタマリアじゃ、ちょっと呼びにくいかも知れませんね。

09-03-09_20-10.jpg
ねむい

ごぼ天うどんの思い出

 先日から和歌山の叔母が遊びに来ていて、思い出の店など一通り巡ったのですが、その中のひとつが、うどん屋さんで、ごぼう天うどんが定番です。
 叔母が若い頃、やはり里帰りの際に子供連れでこの店を訪れた時、食べている途中で、子供が「おしっこ!」と言い出し、トイレに連れて行っている間に、うどんのどんぶりを下げられた、という話を30年以上経っているのに、この店に行く度話題に出ます。余程悔しい思い出なのでしょう。
 
09-03-16_17-55.jpg
うどんの「宇佐屋」さん。ごぼう天うどん、440円でした。

そろそろファンヒーターも要らなくなりますね

09-03-15_12-22.jpg

女レベル

 私の考える女レベルの基準は、

・筆書きが綺麗
・魚がさばける
・着物が一人で着れる
・ピアノが弾ける

 などがあり、自慢じゃありませんが全滅です。欲を言えば、これに

・子供は一男一女
・髪が綺麗
・犬を飼う

 を付け加えたい所。中々上記の条件をクリアーするのは難しいと思うのですが、職場の同僚で、クリアー寸前という方がいらっしゃるのですよ(びっくり)。今現在、ワンちゃんを飼っていないだけ、という堂々の女レベル一位(私の中で)です。
 因みに彼女、「ときめきトゥナイト」のヒロイン江藤蘭世ちゃんに似ています。ダンナ様によると、「キャッツアイ」の瞳に似ている!という事ですが、私は蘭世ちゃんの方がより似てると思うんだけどなぁ。(蘭世ちゃんの知名度がイマイチで賛同者が得られません)

09-03-09_12-38.jpg
どう見ても定員オーバーです

接待空回り

 和歌山の叔母は、婉曲に言っても猫好きとは言えません。もっとはっきり言うと大変苦手です。それなのに、ニャンコたち、接待に余念が無いので、叔母に「うひょー」などの悲惨な声を上げさせています。猫の接待空廻り~

09-03-07_12-20.jpg

定員オーバー

09-03-07_12-19.jpg

箱入り息子

09-03-07_10-09.jpg

大掃除中

 週末に和歌山から叔母さんがやってくる予定なので、大掃除をしなければなりません。そして、この時期に九州って事は、おもてなしは、やっぱりフグでしょうか?

09-03-07_09-34.jpg

ボウリング大会

 職場のボウリング大会があったので、何かあちこち痛いです。筋肉痛が翌日に出るのは、まだ若い証拠でしょうか。
 ところで、戦績は1回目123点、1回目、2回目合計234点と、何だか数字的には、綺麗な並びでしたが、どこの賞にも掠らず、参加賞を貰って来ました。

09-03-06_22-08.jpg
おねえちゃん、べろ、仕舞い忘れてますよ…

がっぷり四つ

 流石に3月ともなると、分厚いコートを着るのを躊躇してしまうのですが、朝晩はやっぱり寒いですね。暦の上では既に春というのに、大安売りになっていたダウンジャケットを思わず買ってしまったので、これ幸いと着ています。
 季節の終わりに「来シーズン着よう」と思って買った品って、一度も袖を通していないせいか忘れてしまって、巡ってきたシーズンで出すのを忘れてしまう事ってありませんか?私だけ?

09-03-02_22-50.jpg
相撲取りもかくやといった感じで、いつももみくちゃになって寝ています。

腕カバーの新しい使い道

 水仕事の時などに、袖口が濡れないようはめる腕カバーが、サイズ的に丁度良かったので、左右を仲良く分けて二匹で装着してみました。温かいからか、違和感が無いのか、嫌がりもせず自然体で寛ぐニャンコ姉弟です。

09-02-26_07-12.jpg

ブルーになること

 勤め先では、制服の支給があるので、朝更衣室で着替えるのですが、色々考え事をしていたせいか(←言い訳)、スカートのファスナーを上げ忘れるという事故が起こってしまいました。後ろファスナーって、一旦金具で留めるじゃないですか。そうすると一応スカートは落ちないので発覚が遅れました…。唯一の救いは、誰にも指摘されない内に、自分で気付いたという事ぐらいですが、誰か気付いて、言い出しかねていたのかも知れませんね。
 人生、辛いことばっかりですよ!(オオゲサ)

09-02-21_23-25.jpg
ニャンコも失敗すると、恥ずかしいという感情があるらしく、うっかり足を踏み外したりすると「私は始めからこうしたかったんだもん」的な動きをしたりするので、大変趣き深いです。

ニャンコ姉

09-02-23_21-53.jpg
また、ちょっとハゲを作っている、意外と繊細なニャンコ姉です。

bero

210224.jpg

冬季うつに打ち勝て

 冬季鬱(だったか?)、冬の間、沈んだ気持ちになる病らしいですが、誰でも良いお天気の日は気分が良いし、どんより曇と気持ちも沈むと思いません?
 とは言うものの、これの予防というか対処法は、朝起きた時に朝の光(駄目ならライトでも可)をしっかり浴びて、身体を目覚めさせるのが良いそうな。これも、まぶしいから目が覚めるんじゃ…としか思えないんですけど。

09-02-23_21-53~00

下り坂の運転で

 長い下り坂を運転する時に、ガソリンを節約する為エンジンを切ったせいでハンドルが効かなくなり、事故を起こす…なんていうのは論外としても、ニュートラルにすれば燃費節約になると思い込んでいる人も居ると思います。
 先だって、JAFの会報を読んでいたら、アクセルから足を離して走行すればガソリンを使わず走行出来るけれど、ニュートラルに入れると余計に燃費が掛かるという記事を発見しました。やっぱり!

09-02-23_21-52.jpg
頭あわせ

年度末救世主

 年度末ですねぇ。気忙しくて、大変ですが、ニャンコの寝姿に癒される毎日です。

09-02-23_21-53~00

帰ってきました

 金曜日の晩から留守にして、日曜の夜には無事戻って来ました。猫たちは、怒っているのか、期待したような歓待はありませんでした。丁度寂しさMaxの時に帰宅出来たら、大歓迎を受けるのですが、そのピークが何時になるかは本人(本猫?)たち次第なのです。半日留守にしただけで、大歓迎の日も有れば、丸二日でもしれーっとしている日も有りで、さっぱり分かりませんね。

09-02-23_23-23.jpg

Appendix

Profile

あまん

☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

Extra

プロフィール

あまん

Author:あまん
☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。