Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウスが…

 9月も終わりですね。毎年9月末には年末年始の宿の予約(3ヶ月前から受付なので)をする習慣なので、早々と年末気分も味わっています。しかも、予約開始の初日に申し込んだのに、取れない宿があるという理不尽さ。予約が取れた人は、いつ予約しているのでしょう。
 それはさて置き、最近マウスの具合が悪くて、思うところに画面が動かず、大変ストレスを感じています。結構マウスって重要なんですねぇ。


08-09-16_22-55.jpg
弟寝てます
スポンサーサイト

「聖おにいさん」から「鬼平」へ

 週末に本屋へ行って、前から買おうと思っていた本を色々買ってきました。畠中恵の「しゃばけ」(時代小説)とか、中村光の「聖おにいさん」(これは漫画です)とか。どちらもお友達から薦められていたのですが、なかなか機会が無く(というか、近所の本屋に無かった)入手出来ていなかったのでした。
 「しゃばけ」は、身体の弱い大店の若旦那と、妖(あやかし)たちの心温まる交流を描いた(で良いのかしら)推理物、「聖おにいさん」は、世紀末を無事乗り切ったキリストと仏陀が、立川で休暇を楽しんでいるというギャグ漫画で、お腹を抱えて笑うというより、ニヤリと笑いたくなるような感じで、どちらも大変楽しめました。
 最近、新しい本を読むより、以前読んだ本を引っ張り出してもう一度読む方が多かったのですが、やはり、未読の本を読む楽しさは格別ですね。次は、「鬼平犯科帳」を集めたいのですが、これ結構冊数出ているみたいですね。たまたま家に1冊あったので読んだら面白かったので、全部読みたいのですが、先が長そうです。

08-09-16_22-53.jpg
にゃんこ姉

猫サイズ

08-09-16_22-53~00
税込380円のミニテーブル。主に猫が乗ってます。

チビチビ

08-09-14_11-28.jpg
お隣に住んでいるニャンコの子で、通称「チビチビ」。一見左手(?)が伸びているように見えますが、尻尾です。

これから忙しくなるぞー!

 来月から新卒の新入社員が入ってくるので、教育スケジュールなどを組んで、準備をしているのですが、講習会に付き添ったりしていたら自分の仕事が出来なさそうで、忙しさを思うと戦々恐々です。只でさえ10月から年末に掛けては一番忙しい時期に当たるので、どうなる事やら。とりあえず元気で来年を迎えられるように頑張りたいと思います。

 一番心配なのは、プールが続くかという事。どんどん寒くなっていく時期ですし、忙しくなると行くのが億劫になるだろうな~

08-09-16_12-04.jpg
にゃんこ姉は、お世辞にもおしとやかとは言えない座り方が多いです

弟肉球

 来週は10月で衣替えだというのに、九州は毎日汗ばむ陽気が続いています。雨が降ったら肌寒くなるかと思えば余計に蒸し暑かったり、かと思うと布団を探す程寒い夜があったりと、この季節特有の寒暖の差が激しく、風邪引きさん続出の予感…。気をつけなければ。

 ところで、ついに麻生さんが総理就任ですが、今度こそ円満に勤め上げて欲しいものです。ちなみに麻生さんはバリバリ地元なのですが、麻生太郎饅頭なんかが売り出されるんだろうかとか、どうでも良いことが気になっています。

08-09-16_12-33.jpg

無駄メガネ

 何か違和感を感じて目が覚めたら、なんとメガネをしたまま寝ていました。寝るときには確かにベッドサイドのメガネケースへ入れたので、夜中に掛けたとしか…。人生に無駄なことなど無いと言いますが、寝ている時のメガネは、どう考えても無駄ですよね~

08-09-16_12-04~00
毛づくろいの途中、ふと物思い…なニャンコ姉

これ、なーんだ?

08-09-15_23-02.jpg

 写真の中央に写っているコイン(のようなもの)が、最近部屋のあちこちで発見され、一体どこの通貨で、誰が持ち込んだんだろう、と不思議に思いつつ見つける度に保管していたのですが、ようやく正体が掴めました。
 先週着ていたスカートの裾飾りが、千切れて落ちていたんですねー。麻で夏用のスカートは、この飾りがシャラシャラ鳴って大変涼しげでお気に入りだったのですが、この調子で千切れてしまうと、そのうち音がしなくなると思います。夏の終わりですね(違います)。

戸田恵梨香のデミオのCM

 オレンジの服を着たおねえさんが、残念な感じの踊りを披露するという車のCMがあって、一体これはどんなコンセプトで作られたんだろうとかねがね不思議に思っていたのですが、あの女性は、戸田恵梨香さんという女優さんらしいですね。踊りが駄目だからかな、それとも雰囲気が有ってないのかなと色々と考えさせられるので、CMとしてある意味成功しているのかも知れませんが、車名が印象に残っていなかったので、一勝一敗って感じでしょうか?
 いや、それともあの踊りは、今風でイケてる(この表現が既に死語)のでしょうか。とにかく戸田恵梨香さんのファンの方ごめんなさい。

 ところで、先週から世間を騒がせていた福岡市の小学一年生殺害事件、結局お母さんが犯人だったようですね。色々ホント悲しい事件が続きます。

08-09-04_17-31.jpg
にゃんこ大回転

起こすのが可哀想

 帰宅後、またすぐに出なければならず、玄関に日よけの上着を脱いで(室内だと暑いから)二階の自室に駆け上がり、用事を済ませて出ようと玄関に下りていったら、もうニャンコ弟が上着を枕にして寝ていました。玄関暑いのにー!すぐ出なきゃいけないのにー!

08-09-02_12-38~00

すとりーと!ごー!

 職場の受付に、外国人のお兄ちゃん来訪!自転車のヘルメットを持って「ここはインターナショナルほにゃららですか?」(多分)と英語でめっちゃ笑顔!
 身振り手振りを加えつつ、「この通りを下って左」と伝えてみました。そこには国際技術協力協会やら何やらが有るので、もし目的地がそこでなくても、英語が通じますもん。
 そんな訳で、笑顔が素敵なおにいちゃんが、無事に目的地に辿り着けますよう、社員一同お祈り致しました。

08-09-02_23-21.jpg
くつろぐお姉ちゃん

魚だけに

 通勤途中の歩道で、何気なく足元を見たら、かなり大きな魚の尻尾の部分だけが落ちていました。近くに魚屋さんが有る訳でもなく、水辺でもないので、誰が何故落としたかは不明ですが、魚だけにギョッとしました。

08-09-03_12-17.jpg
にゃんこ大回転

置くだけ

 最近、トイレ用洗浄剤を使っています。所謂トイレタンクの上に置くだけの「ブルーレット」です。そう言えば、奥武くんは伝統的に「ブルーレット」というあだ名がつくという話を聞いた事がありますが、それはさて置き(ブルーレットだけに)、そのブルーレットです。
 先だってウォシュレットを付け替えたときに、水量調節が強めになっていたせいで、トイレタンクの上の手洗い水の勢いが強過ぎて、タンク上の水溜りが淵一杯、ギリギリまで水が来てしまいます。しかし、絶妙な量だったようで、いつも溢れるという事も無く、水が引いていくのです。
 ともあれ、物凄ーくギリギリの為、毎回「今度は溢れるのではないか」と心配になり、水が引くまで見守ってしまうのでした。もしかして、暇なのかも…
 
08-09-03_22-54~01
二匹並んで

スズメバチ出たー!

08-09-16_15-48.jpg
 今まで全然気付かなかったのですが、職場の社員出入り口の上に、スズメバチが巣を作っていました。こっち側から見える部分は小さいですが、裏から見るとめっちゃ大きいです…。撤去して貰えるまで、なるべく白い服を着て、静かに通る事にします(ハチは黒い服を狙ったり、騒ぐと襲ってきたりするらしい)。

08-09-04_12-01.jpg
箱入り息子

おばあさんと猫は含まれません

 チロルチョコをご存知でしょうか?1個10円(コンビニでは20円?)そこそこで、楽しめる駄菓子チョコの定番商品です。今でこそ全国展開していますが、元々は九州の駄菓子でした。
 さて、そのチロルチョコが、真四角で売り出してから来年で30周年を迎えるそうで、それを記念して「チロルチョこたつ」を抽選でプレゼントしてくれるそうなのですが、その新聞広告を見て、思わず笑ってしまいました。

『※写真はイメージです。おばあさんと猫とみかんは賞品ではありません。』て!

 今は、こんな事まで注釈に入れて置かないと、トラブルが起こるんでしょうかね。こたつを貰えると思っていたら、それにおばあさんとか猫が一緒に届いたら、貰った人もびっくりするでしょうけど。

08-08-27_19-58.jpg

ただいま爆睡中

080817_1254~0001
姉(人間の)が撮影したニャンコ弟

腕を前から横に伸ばし背伸びの運動から

08-09-02_12-38.jpg
暗く写っているせいで、飼い主でさえ姉弟どっちか迷った写真。寝相からして、姉のような気がします。

人生で必要な事は幼稚園で(略)

 三笠フーズの、汚染された事故米を食用として転売した事件が今世間を騒がせていますが、それを食べたら何年後かには高い確率で癌を発症するような物を、良くもまあ売りさばけるものです。自分の家族や友人がそれを食べて身体を壊しても、平気なんでしょうか。
 俗に、人生で必要な事は、幼稚園のお砂場で学ぶ…などと言いますが、最近、幼稚園を出てないんじゃ、と思う人が多過ぎます。

08-09-01_12-29~00

まないたい(新語)

 ナスを切ろうと思ってまな板をセットしていたら、安定が悪かったようでひっくり返り、落下して左足を直撃してしまいました。一緒に包丁を落としていたら、洒落で済まない事になっていたと思うので、これは不幸中の幸いでしょうか。でも、今現在、足がナス色です。

08-09-01_12-29.jpg
ニャンコ弟は、枕が無いと寝られないので、なんでも枕にします。

駐車場はキケン!

08-09-07_08-32~00
08-09-07_08-32.jpg

 近所に住むニャンコの子供が大きくなって、最近はひとりでやってくるようになりました。ところが、親猫の育て方が悪かったのか、それとも生来の性格か、おっとり、うっかりなので大変困ってます。
 一番困るのは、駐車場に入り込む事。車の下などに隠れていると、いつか轢いてしまうんじゃないかとハラハラします。エンジン音がしたら逃げるように訓練出来たら良いんですが…



08-08-28_18-29.jpg
姉まくら

買って良かった物

 最近の買い物で、しみじみ「買って良かったなー」と思う物として、一番手は「ティファールの電気ケトル」です。それまでは湯沸しポットで、四六時中お湯を沸かしっぱなしにしていたのですが、これを買って以来、使う時に使う分だけ沸かしてます。光熱費も節約出来る上に、夏は室温が無駄に上がらないという特典付き!めちゃめちゃ便利で手放せません。

 二番目は、1ロールあたり150メートルという業務用トイレットペーパー。1ロール80円ほどして、買うときにはちょっとお高いかな、と思いますが、どうしてどうして、月に2ロール程しか使わないので、大変割安です。トイレットペーパーって、取替えが結構面倒ですし、収納も場所を取るので、これは結構便利でした。

 三番目は、夏しか有り難味を感じませんが、通販で買った玄関用スダレです。熱をシャットアウト、室温が何度か違うとかいう宣伝文句に惹かれて購入したのですが、これが期待以上に働いてくれて、真夏のカンカン照りの日も結構温度を下げてくれます。これを買うまで、夏の猫たちは絶対玄関付近に近寄らなかったのに、今では玄関先の廊下で昼でも爆睡しているようになりました。惜しむらくは商品名が分からず、かなり草臥れているのに買い直せない事でしょうか。
 これの成功に気を良くして、今年の夏は「サラクール」とかいうUVカットのカーテンを買ってみたのですが、効果の程はイマイチ分かりませんでした。

08-09-02_23-22~00
パソコン用テーブルで伸び伸び寝るにゃんこ姉。最近は、猫用テーブルを買おうかなと思っております。(パソコンが置けないから)

ハンカチで出来た御祝儀袋

ハンカチで出来た御祝儀袋
syugi.jpg
 「ステーショナリーオブザイヤー」というのがあるそうです。機能・デザインに優れた文具・紙製品の日本一を選ぶコンテストらしいのですが、これがなかなか面白くて、2008年のデザイン部門グランプリ受賞「ハンカチで出来た御祝儀袋」(フォーラムアート)は、どうして今まで無かったのかしら、と唸らされました。
 御祝儀袋って、ホント豪華なわりに、一回しか使えないし、これを保存しておくというのも大変だろうし(使い道は無いし)で、殆どの方が捨ててしまっていると思うのですが、これならハンカチとして末永く使って貰えそうです。

08-08-27_14-41.jpg
生活感あふれる写真

同音異義語の恐怖

 うちの姉(人間の方)の話です。
 母方の親戚のおばさん(大正生まれ)が入院しているので、母が見舞いの準備をしていたのですが、言うに事欠いて姉が、

「早く(見舞いに)行かないと、なくなるよ」

 と、のたまったのです。余りにもブラックな発言に、母も私も唖然としたのですが、よくよく聞いてみると、準備している見舞いの品が「無くなるよ」という意味だったようです。

「品切れになる」とか他に言い様があろうもん!

08-08-27_15-05.jpg
リモコンが取れない

合格点

 職場の役員に電話が掛かってきて、その取次ぎのやり取りです。

相手「○○(役員名前)ちゃん、居る?」
自分「失礼ですが、どちら様ですか」
相手「古賀(仮名)だけど」
自分「どちらの古賀様でいらっしゃいますか」
相手「チッ(舌打ち)、うるせえババアやな」(電話切れる)

 という次第だったのですが、陳腐なやり取りですが、その後しばらく腹立ちが収まらなかったので、なかなか評価に足る「良い捨て台詞」ではないでしょうか。
 因みに、後ほど役員本人に、件の古賀氏についてお伺いしましたが、ピンと来る知り合いに古賀氏は居ないようです。お声の感じからして、かなり年配の男性でしたが、もしかして、自民党の古賀先生でしたら、お取次ぎ出来ず、大変失礼致しました。

08-08-11_12-43.jpg

じしんがない

 昨夜23時半過ぎに地震があったようです。寝入りばなにベッドが揺れたので、猫たちのどっちかがハシゴ(ベッドは二段の上なので)を上ってきたのかな、と思いつつそのまま寝てしまったのですが、職場で同僚から聞いて地震だったと気付く始末。
 地震が少ない土地なので、ちょっとでも揺れるとニュースになります。

08-08-28_12-28.jpg
衣装ケースからはみ出すセーターが見所

夏の終わりの風物詩

 夕刊を取り出そうとしていて、外にある郵便受けに近づいた時、何かを踏んでしまいました。がささっという乾いた音に凍りつきます。
 季節柄、力尽きた蝉たちが歩道に転がっているので、いつもは気をつけて避けていたのですが、油断しました。もう魂の抜けた文字通りの抜け殻ですが、踏んでしまうのは忍びないですね。植え込みの所にそっと移動させておいたら、翌日にはアリさんが運んでしまったのか、影も形もありませんでした。諸行無常です。

08-08-20_12-13~00
眠い

恐怖の兄嫁

 姉の兄嫁(旦那さんのお兄さんのお嫁さん)が、とにかく強烈な人で、姉は良く付き合ってるなあといつも感心しています。
 何か気に入らない事が有っても、その場で言い返したりしないで、後から自分とは分からない方法で報復するのが兄嫁さんの手口だそうで、簡単に拾えないように細かくしたピーナッツの殻を玄関先に撒き散らしておいたり、もっと酷いときは糞便(誰のだろう)を撒いたり、一番許せないのは、ゴキブリ入りのご飯を食べさせたりとやりたい放題ですが、黙ってれば良いものを、武勇伝よろしく姉に話してしまうのだとか。もしかしてそれは兄嫁からの「お前も逆らったらそういう目に遭わすぞ」という牽制ですかね。
 ピーナッツとか、100歩譲って糞便までは許しても、ゴキ入りご飯は許せません。こういう人がそれなりの天罰を食らったという話は聞かないんですよね。案外幸せに一生を送ったりしているのを見ると、天界バランスシートって、どうなっているんだろうと不思議に思います。死んだ後、ちゃんと地獄に行ってるのかしら。こういう人が一杯いるのが地獄なら、今からでも良いことして地獄以外の場所に行かないと、地獄は大変暮らしにくそうですよ…。

 それにしても、この兄嫁、うちの姉を舐めているのかどうなのか、こんな凄い事をぽろっと白状していて大丈夫なんでしょうか。詰めが甘いと思いますが、うちの姉に暴露されても、周りを言いくるめる自信が有るんでしょうね(むかつく)。

08-08-24_23-59~00

人の振り見て我が振り直せ

 どこの町でも最近はそうだと思うのですが、私が住んでいる所でも、ごみの回収は有料です。プラごみ、生ごみ、缶ごみと分別が面倒なのですが、時節柄仕方がありません。
 そんな中、近所のスーパーでは、毎週日曜に紙ごみと空き缶、ペットボトルなどを無料で回収するサービスを行っていて、大変助かってます。昨日の日曜も解体した段ボール箱だの古新聞だのを持ってそのスーパーに出掛けたのですが、そこで見かけたおばちゃんに度肝を抜かれました。
 回収ボックスの真ん前に車を停めて(勿論停車禁止で、すんごく他のお客さんの邪魔になる場所)、古新聞だかを出している様子ですが、大きな声で、他のお客が出した物の文句を言っているんです。出し方が悪いとかそんな内容でしたが、自分のルール違反を棚に上げて、声高に他者を非難するというのは、すんごく格好悪いものですね。

08-08-24_23-21~00
文庫本と弟

Appendix

Profile

あまん

☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

Extra

プロフィール

あまん

Author:あまん
☆ニャンコ姉:2002年9月頃生まれ♀同年10月13日保護。 2013年1月4日没。
 愛称:ねーねー
 身体は小さいのに、気が強くお姉さんの貫禄充分。頑張り屋さんで、とてもとても良い子でした。

☆ニャンコ弟:2002年9月頃生まれ♂同年10月15日保護。
 愛称:にーにー
 体重は姉の二倍あるのに、いつも姉に押されている気弱な弟。よく言えばおっとりさんで甘えん坊。


・最愛のニャンコ「ごんちゃん」が、2002年に虹の橋へ旅立って、泣き暮らしていた頃、職場の中庭に捨てられていた姉弟にゃんこを保護。

・保護した当初は、飼う気は全く無く、地域の「犬猫里親デー」に連れて行ったものの飼い手が見つからず、結局なしくずしにウチの猫に。

・当初、情が移らないよう「お姉ちゃん」「弟」と呼んでいたのが、そのまま名前になってしまいました。

・保護した時は、見分けが付かない程、そっくりだったんですが……

・弟の愛称が、弟なのにお兄ちゃんを意味する「にーにー」なのは、捨てられていた子猫が、もう一匹居た為。
その子は用心深いたちだったのか、結局保護出来ず終いに。誰かに飼われるか、野良として強く生きていると良いのですが。

・ごんちゃんとニャンコ姉は虹の橋、弟は九州在住。

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。